เกี่ยวกับภาษาญี่ปุ่น(ภาษาญี่ปุ่นเล่าสู่กันฟัง)【タイ人(日本語学習者)向け】
タイのこと

【2017年】タイ拠点航空会社の業績(タイ航空/バンコクエアウェイズ/ノックエアー/エアアジア)まとめ【一覧】

【2017年】タイ拠点航空会社の業績(タイ航空/バンコクエアウェイズ/ノックエアー/エアアジア)まとめ【一覧】

こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。

この記事では、タイを拠点とする以下の航空会社4社の2017年の業績(売上高及び損益)を見ていきます。

・タイ航空(Thai Airways)
・バンコク・エアウェイズ(Bangkok Airways)
・エア・アジア(Air Asia)
・ノック・エアー(Nok Air)

タイのマーケティング系のウェブサイトの一つ、Positioning(https://positioningmag.com)で、タイの航空会社の収支に関するデータが載っていましたので、そちらを参考とさせていただきました。

翻訳は私の方で行っています。

では、始めましょう。

タイの航空会社4社の売上高・損益(2017年度)

タイの航空会社4社の売上高・損益 ©Positioningタイの航空会社4社の売上高・損益 ©Positioning

出所:https://positioningmag.com/1159079
(日本語訳は当方で上書き記載)

上記の表を整理してみます。

<2017年 各航空会社 売上高>

1位:タイ航空 1,919億4,600万バーツ
2位:Air Asia   372億8,230万バーツ
3位:Bangkok Airways 293億3,092万バーツ
4位:Nok Air 203億7,670万バーツ

<2017年 各航空会社 損益>

1位:Air Asia 14億7,750万バーツ(利益)
2位:Bangkok Airways 7億8,790万バーツ(利益)
3位:Nok Air △18億5,430万バーツ(損失)
4位:タイ航空 △20億7,200万バーツ(損失)

スポンサーリンク

補足:エアアジアについて(2017年度売上高・損益)

上の表で出てくる『エアアジア(Air Asia)の数値』は、公式ホームページで公表されているタイ・エアアジアの大株主である『アジア・アビエーション(AAV)社の数値』とほぼ同じであることから、タイ・エアアジア社の数値と推測されます。

<公式ホームページで公表されている 2017年AAVの売上高・収益>
  年間売上高:359億3,160万バーツ
  当期利益:14億7,750万バーツ

※上の表の売上高の数値と若干の違いがありますが、理由は解明できませんでした。

参照:https://www.airasia.com/th/th/press-releases/aav-announces-2017-operational-results.page

スポンサーリンク

【考察】タイの航空会社4社の売上高・損益(2017年度)

2018年2月27日付 日本経済新聞 『タイ航空の前期、赤字転落』を見ても分かる通り、タイ航空が赤字なのはよく話題に上っています。

また、Bangkok Airwaysは路線や航空運賃を踏まえると「手堅い」というイメージがあるため、数値を見ても特に違和感はありませんでした。

ですが、タイ・エアアジアが黒字なのに対し、同じLCCのNok Airが赤字というのが、個人的に気になりました。

就航路線の違いなのか、またはブランドイメージの違いなのでしょうか。

引き続き業績をウォッチしていきたいと思います。

error: Content is protected !!