เกี่ยวกับภาษาญี่ปุ่น(ภาษาญี่ปุ่นเล่าสู่กันฟัง)【タイ人(日本語学習者)向け】
タイニュース

有害な蚊取り線香『GODZILLA』にご注意を(タイで密かに販売中)

有害な蚊取り線香『GODZILLA』にご注意を(タイで密かに販売中)

お伝えしたいことはタイトルの通り、

Sripasa
Sripasa
『GODZILLA』という蚊取り線香を買わないように、万が一お持ちの方はこれ以上使用しないように、ご注意ください。

ということです。

タイでひそかに販売されている、危険な蚊取り線香『GODZILLA(ゴジラ)』

きっかけは、2018年8月27日夜の、こちらのツイートでした。

それを抜粋・要約したものが私の以下のツイートです。

今回の記事では、このツイートで説明しきれなかった詳細について、掘り下げて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ツイートの元となった記事の詳細

日本語に翻訳の上、抜粋(一部要約+追記)

元記事:https://www.sanook.com/news/7489754/

・バンコク都の一部のエリア(バーンケー区、バーンボーン区、バーンクンティアン区)や県境付近、サムットサコーン県内のお店などで、『ゴジラ(GODZILLA/ก็อตซิลล่า)』という、ミャンマーから輸入された蚊取り線香が密かに販売されていることが判明。

・この蚊取り線香を購入したタイ人が使用したところ、飼っていた犬(チワワ)3匹が死亡。飼い主自身も煙を吸ったことで、吐き気、嘔吐、目まいといった症状が出たため、この蚊取り線香には、人体及び動物に対し有害な物質が含まれていると考えられる。

・パッケージは赤の箱で、商品名の『GODZILLA』以外は全てミャンマー語(ビルマ語)で書かれ、使用法についての記載はあるものの、製造場所についての記載はない

・一箱に12巻入りで、20~25バーツで販売。

・紫色の蚊取り線香で、匂いは強い物の一般的な蚊取り線香に近いが、市場で販売されているものよりも蚊の殺傷能力が強い。そのため、タイ国内で既に多くの人が購入済み

タイの食品医薬品局(オーヨー. / FDA)は、2017年10月の時点で、この蚊取り線香『GODZILLA』について、食品医薬品局の認証を得ておらず違法であること、及び第3種危険物質(「Allethrinlsomers(アレスリン異性体)」「Heptafluthrin(ヘプタフルスリン or ヘプタフルトリン)」)の使用が確認されたとして、警告を出していた。

とのことです。

スポンサーリンク

さいごに

この『GODZILLA』の蚊取り線香ですが、赤い箱のものが多いようですが、黄色い箱のものもあるようです。

どちらも、箱の上部に動物の目のような絵が描かれています。

どうぞ、くれぐれもご注意ください。

error: Content is protected !!