เกี่ยวกับภาษาญี่ปุ่น(ภาษาญี่ปุ่นเล่าสู่กันฟัง)【タイ人(日本語学習者)向け】
タイのこと

【2017年】タイの美容事業の規模・推移と、化粧品市場の内訳

【2017年】タイの化粧品事業の規模推移と化粧品市場の内訳

日本を訪れるタイ人の多くが買って帰るものとして欠かせないのが、「コスメ(化粧品)」です。

タイ人にとって興味の対象の一つである「化粧品」。

今回は、そんなタイの化粧品市場について見ていきたいと思います。

マーケティング系のウェブサイトの一つ、Positioningでタイの美容事業・化粧品に関するデータが載っていましたので、そちらを翻訳した上で、内容を見ていきたいと思います。

どうぞ最後までお付き合いください。

【2012年~2017年】タイの美容(化粧品)事業の規模・推移

タイの化粧品事業の規模推移 ©Positioningタイの化粧品事業の規模推移 ©Positioning

出所:https://positioningmag.com/1164085
(日本語訳は当方で上書き記載)

上記の表をまとめると、以下の通りとなります。

【2012年~2017年】タイの美容(化粧品)事業の規模・推移

・2012年 1,170億バーツ(約3,510億円)
・2013年 1,250億バーツ(約3,750億円)
・2014年 1,340億バーツ(約4,020億円)
・2015年 1,550億バーツ(約4,650億円)
・2016年 1,560億バーツ(約4,680億円)
・2017年 1,680億バーツ(約5,040億円)
・2018年(予測) 1,800億バーツ(約5,400億円)

タイ全体の美容(化粧品)事業の規模が、継続して拡大していることがこのデータから伺えます。

スポンサーリンク

【2017年】タイの化粧品市場の内訳

次に、2017年の市場の内訳を見ていきたいと思います。

【2017年】タイの化粧品市場の内訳 ©Positioning【2017年】タイの化粧品市場の内訳 ©Positioning
【2017年】タイの化粧品市場の内訳 ©Positioning【2017年】タイの化粧品市場の内訳 ©Positioning

出所:https://positioningmag.com/1164115
(日本語訳は当方で上書き記載)

【内訳】
市場シェア(%)及び金額

・スキンケア製品  47% 787億バーツ(約2,361億円)
・ヘアケア製品 18% 308億バーツ(約924億円)
・化粧品(メイクアップ製品) 14% 227億バーツ(約681億円)
・ボディウォッシュ製品 16% 約267億バーツ(*)(約801億円)
・香水 5% 約83億バーツ(*)(約249億円)

 (*)データ上数値が表記されていなかったため、表示されている数値を基に逆算の上算出

Sripasa
Sripasa
ちなみに、こちらの記事のタイトル(タイ語)を日本語に直訳すると「美容市場」となるのですが、内訳を見ると「化粧品市場」と読み替えて理解するのがここでは正しいように思います。
スポンサーリンク

タイと日本の化粧品市場を比較・考察

日本の化粧品市場データ

日本の化粧品市場規模が知りたいと思い、検索してみたところ、株式会社矢野研究所がこのような調査結果を発表しておりました。

<株式会社矢野経済研究所のプレスリリースより抜粋>

2017年11月07日
化粧品市場に関する調査を実施(2017年)
~化粧品市場はインバウンド需要に加え、景気回復を背景に国内需要が増加~

出所:https://www.yano.co.jp/press/press.php/001760

考察

【2017年】タイの化粧品事業の規模推移と化粧品市場の内訳
この調査によると、2016年の日本国内の化粧品市場規模は、2兆4,715億円と、タイの同年(1,560億バーツ(約4,680億円))と比較すると、かなりの開きが見て取れます。

一方、内訳に関しては、スキンケア市場が最も高い構成比(46.5%)を占めるとあり、この点に関してはタイと傾向が似ているようですが、タイの方が63%と比率がかなり高いことが見て取れます。
(タイは、ボディウォッシュ製品(16%)をスキンケア製品(47%)に合算して算出)

日本で2番目に構成比が高いメイクアップ市場(22.2%)は、タイでは14%(第3位)と、メイクアップ製品に関しては差が出ています。

日本で3番目のヘアケア市場は、タイでは2番目ですが、タイの比率18%とほとんど変わらないようです。

日本とタイでは平均所得も違いますし、上記にある通り、両国の市場規模には差があって当たり前なのでしょうが、タイ人の美容(特に美白)に対する意識はかなり高いと感じています。

スポンサーリンク

タイ人の日本の化粧品に対する関心度合い

【2017年】タイの化粧品事業の規模推移と化粧品市場の内訳
日本の化粧品に興味をお持ちのタイの方もかなりいらっしゃいますよね。

「化粧品何使ってますか?」「お勧めの化粧品ブランドはどれですか?」

と、タイの友人・知人から聞かれることもよくあります。

Sripasa
Sripasa
おすすめの化粧品、特におすすめのスキンケア製品をタイ人から聞かれたことのある方もいらっしゃると思うのですが、予算や肌質も関係するので、正直答えに悩む質問でもありますよね。

おすすめするとなると、やはり自分自身が使ったことがあったり信頼できるもの、添加物の少ないもの(香料などの余計なものが入っていないもの)、そして値段も高過ぎず全国どこでも手に入りやすいもの、という前提で

私は

無印良品のスキンケア製品(敏感肌向けのもの)

をよくおすすめしています。

店頭で試せるのも魅力ですし、一部の店舗では免税手続きもしてくれます。

過去におすすめ方の中には、気に入ったとのことで、その後日本へ来る度に買いだめして帰る友人が何人かいます。

(先日来日した友人は、乳液(敏感肌タイプ)を10本くらいまとめ買いされていました。めちゃくちゃ重そうでしたが…)

さいごに

今回の記事では、タイでの美容事業の推移、市場の内訳について見てきました。

上で見た「タイの化粧品事業の規模推移」とも関係しますが、タイ人の美容に対する意識の高さを見ていると、タイの化粧品事業の市場規模は、当面は拡大傾向が続きそうですね。

【タイ語】肌にできるもの・肌の状態を表す単語まとめ【一覧】(ニキビ/シワ/シミなど)
【タイ語】肌にできるもの・肌の状態を表す単語まとめ【一覧】(ニキビ/シワ/シミなど)こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 この記事では、肌に関するタイ語表現について見ていきたいと思います。 ...
error: Content is protected !!