語源(インド系言語)

タイ語「เสาวรส(サワロット):パッションフルーツ」の語源

タイ語「เสาวรส」
เสาวรส
読み
sǎuwárót
サ(ウ)ワロッ(ト)
เสาวรส
意味
①美味な
②パッションフルーツ
(別名:กะทกรกฝรั่ง)
品詞①修飾語
②名詞
原語パーリ語
(サンスクリット語)

タイ語「เสาวรส」の語源

パーリ語

パーリ語「su」
単語su
タイ文字
表記
สุ
意味善き、良き、極めて、易き
品詞前置詞
パーリ語「rasa」
単語rasa
タイ文字表記รส
意味味、食味、汁、液、実質
品詞男性名詞

【参考】サンスクリット語

単語
(デーヴァナーガリー文字)
सुरस
単語
(読み)
su-rasa
(スラサ)
単語
(タイ文字
表記)
สุรส
意味水の豊富な、よい味の、魅力ある
品詞形容詞

補足①

サンスクリット語「su/सु」
:よく、うまく、実に、非常に
(副詞)

補足②

サンスクリット語の母音「u/ु」は、タイ語では「ao(au)/เอา」になることがある(*)。


สุ+รส
(su+rót)

เสา+รส
(sao+rót)

เสาวรส
(sǎuwárót)

※カッコ内はタイ語での読み方

(*)http://ir.mcu.ac.th/content/2562/18.pdf(タイ語)

※こちらでご紹介するサンスクリット語・パーリ語の訳語は、数多くある訳語の中から、タイ語の意味に照らし語源として説明がつく(と思われる)訳語を当サイト著者の独断で選んでおり、恣意的な要素が含まれます。

そのため、他の訳語も確認したいという場合は、どうぞ辞書でご確認いただければと思います(記事の最後に参考文献として掲載しております)。

関連記事

タイ語「รส(味)」の語源

タイでのパッションフルーツの歴史(簡単に)

アメリカ大陸原産のパッションフルーツ。

いつタイに入ってきたのかは定かではないものの、タイで試験的に栽培が開始されたのは、タイ北部にて西暦1955年頃であったとされる。

現在はタイ北部やタイ東部で主に栽培(生産)されている。

出所:https://puechkaset.com/เสาวรส/(タイ語)



語源を当ブログに掲載しているタイ語単語

タイ語の他の単語の語源もご紹介しています。

ぜひ他の記事もあわせてご覧ください。

「語源」についての記事の格納場所(当ブログ内)

語源を掲載している単語一覧
อนุญาติ
(ʔànúyâat)
(許可する)
อนุ-
(ʔànú)
เสาวรส
(サワロット)
(パッションフルーツ)
รส
(rót)
(味)
ชาติ
(châat)
(生まれること・国家)
รถ
(rót)
(車)
มติ
(mátì)
(考え・意見)
ญัตติ
(yáttì)
(議案)
สนิท
(sanìt)
(親しい)
จักร
(càk)
ยาน
(yaan)
(乗り物)
เสน่ห์
(sanèe)
(魅力)
สัปดาห์
(sàpdaa)
(週)
ทวีป
(thawîip)
(大陸)
รูป
(rûup )
(形、姿)
สรุป
(sarùp)
(まとめる)
※単語をクリックすると、該当の記事へ飛びます


他の単語を調べる

知りたい単語を検索
参考文献/อ้างอิง