เกี่ยวกับภาษาญี่ปุ่น(ภาษาญี่ปุ่นเล่าสู่กันฟัง)【タイ人(日本語学習者)向け】
タイのこと

【2018年最新】東南アジア/タイ国内の最低賃金を比較[ASEAN/アセアン加盟国]【統計/一覧】

【2018年最新】ASEAN/アセアン加盟国・タイ国内の最低賃金を比較【統計/一覧】

こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。

今回の記事では、ASEAN各国(厳密には、シンガポールとブルネイを除いた8ヶ国)とタイ国内の最低賃金を、それぞれ国別/県別に比較していきたいと思います。

【ASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国(10ヶ国)】
ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム

【2018年最新】ASEAN各国の最低賃金を比較(バーツ換算後)

国名 最低賃金/日/バーツ 最低賃金/日/円
タイ 308-330 1,060-1,136
フィリピン 160-320 551-1,101
マレーシア 244-265 840-912
インドネシア 105-265 362-912
ベトナム 130-190 448-654
カンボジア 188 647
ラオス 142 489
ミャンマー 100 344

出所:
https://www.smartsme.co.th/content/110109
https://www.sanook.com/money/609817/
https://money.kapook.com/view190475.html
のデータをもとに、当方にて一覧表を作成

補足:
①シンガポールとブルネイについては、法的な最低賃金の定めなし。
②(上記出所に記載はありませんでしたが、次表との整合性を鑑みると)カンボジアのデータは「縫製産業」の賃金と思われます。
③円貨金額は、2018年11月7日付のレート(1バーツ=3.44円)に基づき、当方にて換算

シンガポールとブルネイを除いた8ヶ国だと、タイが最も最低賃金が高いことが分かります。

ASEAN諸国の中で最低賃金が最も低いのがミャンマーですが、タイと比べると、タイの最低賃金はミャンマーの約3.2倍です。

隣国ラオスと比べると、タイの最低賃金はラオスの約2.2倍です。

ベトナムやマレーシアとタイは、そこまで賃金に差はないのかと思っていましたが、わりと差がありますね。

スポンサーリンク

【2018年最新】ASEAN各国の最低賃金を比較(ドル建て)

【2018年最新】ASEAN/アセアン加盟国・タイ国内の最低賃金を比較【統計/一覧】

バーツ建てのみの一覧表だと個人的に不安が残りましたので、検証のために元データとして提示されていた「ASEAN Briefing(https://www.aseanbriefing.com/)」のサイトに掲載されていたUSD建ての最低賃金をベースに、一覧表を作成してみました。

国名 最低賃金/日/ドル 最低賃金/日/円
タイ 9.19-9.85 1,041-1,115
フィリピン 4.80-9.61 544-1,088
マレーシア 7.64-8.3 865-940
インドネシア 3.42-8.59 388-973
ベトナム 4.00-5.75 453-651
カンボジア 5.66 641
ラオス 4.33 491
ミャンマー 3.29 373

 

出所:
https://www.aseanbriefing.com/news/2018/08/30/minimum-wage-levels-across-asean.html
のデータをもとに、当方にて一覧表を作成

補足:
①シンガポールとブルネイについては、法的な最低賃金の定めなし。
②カンボジアのデータは「縫製産業」の賃金。
③円貨金額は、2018年11月7日付のレート(1 USD=113.17円)に基づき、当方にて換算
④現地通貨建ての金額は、ASEAN Briefingの該当記事内に記載があります。

スポンサーリンク

【2018年最新】タイ国内の最低賃金を比較(4月1日改定後)

続いて、タイ国内の最低賃金を見ていきます。

日本と同じように、タイでも各県で最低賃金が異なります。

ちなみに、タイ語で最低賃金のことを

  • ค่าจ้างขั้นต่ำ
    (カー ジャーン カン タム/khâa câaŋ khân tàm)
  • ค่าแรงขั้นต่ำ
    (カー レーン カン タム/khâa rææŋ khân tàm)

と言います。

タイでは、2018年4月1日付で最低賃金の改定がありました。

それを踏まえた県別の一覧表を見てみましょう。

【2018年最新】タイ国内/県別最低賃金一覧表(4月1日改定後)

最低賃金/日/バーツ 最低賃金/日/円 県数 県名
330 1,135 3 チョンブリー、プーケット、ラヨーン
325 1,118 7 バンコク、チャチュンサオ、ナコンパトム、ノンタブリー、パトゥムタニー、サムットプラカーン、サムットサコーン
320 1,101 14 クラビー、コーンケン、チェンマイ、トラート、ナコンラーチャシーマー、アユタヤー、パンガー、ロッブリー、ソンクラー、サラブリー、スパンブリー、スラータニー(サムイ島)、ノーンカーイ、ウボンラーチャターニー
318 1,094 7 ガーラシン、チャンタブリー、ナコンナーヨック、プラーチンブリー、ムクダハーン、サコンナコン、サムットソンクラーム
315 1,084 21 カーンチャナブリー(泰緬鉄道)、チャイナート、ナコンパノム、ナコンサワン、ナーン、ブンカーン、ブリーラム、プラチュアップキリカン(ホアヒン)、パヤオ、パッタルン、ピッサヌローク、ペッブリー、ペッチャブーン、ヤソートン、ローイエット、ルーイ、サケーオ、スリン、アーントーン、ウドンターニー、ウッタラディット
310 1,066 22 ガンペーンペット、チャイヤプーム、チュムポーン、チェンライ、トラン、ターク、ナコンシータマラート、ピチット、プレー、マハーサーラカーム、メーホーンソーン、ラノーン、ラーチャブリー、ランパーン、ラムプーン、シーサケート、サトゥーン、シンブリー、スコータイ、ノーンブアランプー、アムナートジャルーン、ウタイタニー
308 1,060 3 ナラティワート、パッタニー、ヤラー
77 県(全国)

出所:https://money.kapook.com/view190475.html
のデータをもとに、当方にて一覧表を作成

補足:円貨金額は、2018年11月7日付のレート(1 USD=113.17円)に基づき、当方にて換算

タイ国内/県別最低賃金一覧表のデータから読み取れること

最低賃金が最も高いのが、以下の3県です。

・チョンブリー県
・ラヨーン県
・プーケット県

チョンブリー県には、繁華街パッタヤーや工業団地があります。シーラチャーもあります。

ラヨーン県にも工業団地があります。

プーケット県については、言わずと知れた観光地です。

こういった背景から、最低賃金が他県よりも高くなっているものと思われます。

一方、最低賃金が一番低いのは、こちらの3県です。

・ナラティワート県
・パッタニー県
・ヤラー県

何れも、「タイ深南部」と呼ばれる、マレーシアとの国境またはその付近に位置する3県です。

爆発などが定期的に起きているようですし、治安が不安定ですから遠方からの観光客も少ないことが、賃金にも影響しているように思われます。

スポンサーリンク

さいごに

いかがでしたでしょうか。

他国と比べることで、タイの相対的な立ち位置が分かるように思います。

ぜひ活用していただければと思います。

【2017年】タイの県別/世帯別/月別の平均収入データ【タイ国家統計局】

error: Content is protected !!