タイニュース

【タイ直撃台風】1号『PABUK/パブーク』という名前の由来「何語?どんな意味?」

こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。

2019年1月4日~5日にかけて、タイ南部・サムイ島周辺を直撃した台風1号「パブーク/PABUK」。

今回の記事では、「パブーク/PABUK」という名称が何語から来ていてどういった意味を持つのか、ということについて見ていきます。

関連記事

【タイ】2019年1月5日台風1号情報:勢力を弱め熱帯低気圧となり、アンダマン海に抜ける

【台風1号】航空会社「バンコクエアウェイズ」が1月5日からサムイ島発着便の運航再開を発表【タイ】

【台風1号】『PABUK/パブーク』という名前の由来「何語でどんな意味を持つのか?」

結論から言うと、「パブーク」は「メコンオオナマズ/Mekong giant catfish」という意味を持つラオス語です。

「メコンオオナマズ」は、メコン川だけに生息する世界最大の淡水魚の一つで、ウロコの無い「無鱗魚」です。

カタカナ表記では「パブーク」ですが、実際の音は「パー・ブック(ປາບຶກ/pǎa bɨ́k)」です。

「パー/ປາ」はラオス語で「魚」を意味します。

タイ語では、この「メコンオオナマズ」を「プラー・ブック(ปลาบึก/plaa bɨ̀k)」と言います。

タイ語で「魚」のことは「プラー/ปลา」です。

2019年台風1号『Pabuk/パブーク
メコンオオナマズ/Mekong giant catfish

パー・ブックປາບຶກ/pǎa bɨ́k)[ラオス語

※タイ語では「プラー・ブック(ปลาบึก/plaa bɨ̀k)」

「パー・ブック」の「ブック(ບຶກ(ラオス語)、บึก(タイ語)」は、ラオス方言で「でかい」の意。

出所:『タイ日大辞典』p832



台風の名前のつけ方

日本での台風の呼び方は、毎年1月1日を始まりとして、発生した順に「台風1号」「台風2号」「台風3号」と数えます。

一方、北西太平洋・南シナ海で発生する台風については、その領域で用いられている固有の単語を、順番につけていきます。

台風には従来、米国が英語名(人名)を付けていました。
(中略)
台風委員会(日本含む14カ国等が加盟)は、2000年から、北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には、同領域内で用いられている固有の名前(加盟国などが提案した名前)を付けることになりました。

2000年の台風第1号にカンボジアで「象」を意味する「ダムレイ」の名前が付けられ、以後、発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いて、その後再び「ダムレイ」に戻ります。

気象庁ホームページ「台風について」より引用(一部省略)

気象庁のホームページのリストによると、34番目に、この「パブーク」があります。

命名した国と地域呼名カタカナ読み意味
34ラオスPabukパブーク淡水魚の名前

出所:気象庁ホームページ「台風について

【スポンサーリンク】




台風委員会に加盟している14の国・地域(=台風を命名する権利を持つ)は順番に以下の通りです。
 

1カンボジア
2中国
3北朝鮮
4香港
5日本
6ラオス
7マカオ
8マレーシア
9ミクロネシア
10フィリピン
11韓国
12タイ
13米国
14ベトナム

 

台風関連のタイ語を「2019年台風1号パブーク」のニュースをもとに整理してみたこんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 1951年に開始した統計史上最も早い、2019年1月1日15時に発生した台...
ビエンチャン/ヴィエンチャン(ラオス)にある仏塔「タート・ルアン」
タイ東北部とラオスの歴史を紐解いてみる|「ラオス」「イサーン」の名称の由来もこんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 今回は、「イサーン(またはイーサーン/อีสาน/Isan)」と呼ばれるタ...

 

参考資料

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-5.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/メコンオオナマズ
https://th.wikipedia.org/wiki/ปลาบึก
https://www.sanook.com/news/7631018/