語源(インド系言語)

タイ語「สนิท(sanìt):親しい」の語源

タイ語「สนิท」
สนิท(sanìt)
読み
sanìt
サニッ(ト)
สนิท(sanìt)
意味
親しい
親近な
親密な
ぴったり合った
すっかり
品詞修飾詞(形容詞・副詞)
原語パーリ語
(サンスクリット語)

タイ語「สนิท」の語源

パーリ語

単語siniddha
タイ文字
表記
สินิทฺธ
意味湿った
ぬれた
滑らかな
愛情ある
愛されたる、など

※動詞siniyhatiの過去分詞
品詞形容詞
補足①

パーリ語動詞siniyhati
(語根√snih)
:「湿潤する」「粘着する」「愛情がある」

サンスクリット語

単語
(デーヴァナーガリー文字)
स्निग्ध
単語
(読み)
snigdha
(スニグッダ)
単語
(タイ文字
表記)
สฺนิคฺธ
意味粘着した
柔らかい
執着した
やさしい
情愛深い
友情ある、など

※動詞√snihの過去分詞
品詞形容詞
補足②

サンスクリット語動詞√snih(स्निह्)
:「(〜に対して)愛情を感じる」「執着する」

補足③

過去受動分詞は、動詞(語根)に「ta/」を添えて作られるが(*1)、動詞の子音によっては、語末の子音とそれに続く「ta」の間に音の変化が起こることがある(*2)。


・動詞(語根)「愛情を感じる」
:√snih



・過去(受動)分詞「情愛深い」
:snigdha
(←snih+ta)

この過去受動分詞の語末「dha/」の部分が、タイ語に入ってきた時に語末が「ท(音はt)」となっている(と考えられる)。
※本来であれば、「dha/」をタイ文字に置き換えると「ธ」になる。タイ語には古語で「สนิธ」という語もある(詳細は後述)

(*1)単語例「อนุญาติ」をご参照
(*2)辻直四郎著『サンスクリット文法』p195、『Jゴンダ:サンスクリット語初等文法』p19

関連記事


過去受動分詞について(タイ語「อนุญาต(許可する)」の語源)

タイ語「ชาติ(生まれること・国家・民族)」の語源



【参考】タイ語「สนิธ(sanìt/サニット)」

タイ語の「สนิท(sanìt)」の語源はパーリ語「siniddha(サンスクリット語「snigdha」)」であることが分かりました。

この「siniddha(「snigdha」)」という語の語末は「dha(デーヴァナーガリー文字で「」)」です。

本来であれば、「dha/」をタイ文字に置き換えると「」になるので、「สนิท」のスペルは厳密には「สนิธ」ではないのか?と疑問に感じました。
(タイ文字「」に置き換わるのはデーヴァナーガリー文字の「da/」)。

そこで辞書を改めて見てみたところ、タイ語には古語で「สนิธ」という語もあり、

タイ語「สนิธ(sanìt)」
=タイ語「สนิท(sanìt)」(古語)

と説明がありました。

ここから以下のことが推察されます。

タイ語「สนิท」についての著者の推察

「สนิท」という語がタイに入ってきた時点ではスペルが「สนิธ」だった

その後何らかのタイミングで「สนิธ」を「สนิท」と綴るようになった



語源を当ブログに掲載しているタイ語単語

タイ語の他の単語の語源もご紹介しています。

ぜひ他の記事もあわせてご覧ください。

「語源」についての記事の格納場所(当ブログ内)



他の単語を調べる

知りたい単語を検索
参考文献/อ้างอิง