タイ書籍

【レビュー】独学でタイ語を勉強する方におすすめの学習本3冊(初心者~中級)

bangkok bookstore

こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。

語学の学習本は種類が多く、どれを選んだらよいか悩みますよね。

タイ語も、マイナー言語ではありますが、学習本は色々なものが出ていますので、「いざ買おう!」と思うと選べない…

となってしまうこともあると思います。

今回の記事では、特に「独学でタイ語を勉強したい!」という方へ、初級と中級レベルのおすすめ学習本を3冊ご紹介したいと思います。

3冊とも、私自身も、自分の学習やレッスンの教材で使用しているものです。

それでは、早速見ていきましょう。

お勧めのタイ語学習本【初級】『初級 タイ語のすべて』

初級 タイ語のすべて【CD付】』 宇戸清治著 IBCパブリッシング

ゼロからタイ語を独学で始める方に最適の一冊かと思います。

また、全てタイ文字+phonetic(アルファベット)表記の二本立てとなっているので、読み書きの学習は予定されていない方も、現在進行形でタイ語の読み書きを学習中の方、将来的にタイ文字を学習予定の方も含め、どのような方にも対応可能な一冊となっています。

こんな方におすすめ

・近々旅行予定がある等の理由で、タイ語を勉強してみたいので、手始めに学習本を何か一冊購入して、勉強を始めたい方

・タイ語の読み書きにも興味があるけど、まずはタイ語の基礎的な部分をゼロからサクッと学習したい方

・タイ語の読み書きは今は興味ないので、まずは簡単なフレーズや単語を知りたい方

初級者向けの学習本のため、分かりやすくするためなのか、簡潔な説明が多いです。

分かりやすくまとまっていて良い反面、説明が物足りなく感じる方もいらっしゃると思います。

将来的に中級レベル以上を目指すことを考えておられる方でも、タイ語についての現在の知識が「ゼロ」またはそれに近い方には、手始めの一冊としてはお勧めできるものです。

使い方としては、最初に基本事項をさらっと学習する目的で『初級 タイ語のすべて』を使うのが良いのではないか、と個人的には思っています。



お勧めのタイ語学習本【初~中級】『タイ語の基礎』

CD付 タイ語の基礎』 三上直光著 白水社

初級 タイ語のすべて』と同じく、初級学習者向けの本となっていますが、より細かく文法的な事項が網羅されています。

そのため、タイ語を勉強してきたけれど、文法的な基本事項を改めてしっかりと押さえたい方や、一から勉強を始めるけれど、将来的には中級・上級を目指したい方に最適の一冊かと思います。全55課とボリュームのある内容ですが、一冊しっかりと学べば、基礎はかなり身につくのではないでしょうか。

但し、『初級 タイ語のすべて』と違い、phonetic(アルファベット)表記はありませんので、タイ語の読み書きを習得されている方が前提となる点にご注意ください。

こんな方におすすめ

・タイ語を勉強してきたけれど、文法的な基本事項を改めてしっかりと押さえたい

一から勉強を始めるけれど、将来的には中級・上級を目指したいので、最初からしっかり文法事項も押さえていきたい方
(但し、読み書きを学習済みであること)

・既に中級~上級レベルにいるけど、文法事項にまだ不安が残る

Sripasa
Sripasa
私も持っていますが、文法事項を確認するのに、大変役に立っています。

後ろに索引もあり、辞書のようにも使えるのが高ポイントです。

掲載されているコラムが面白いのも、個人的にはおすすめです。

bangkok BTS
【タイ語勉強法】初級学習者がリスニングを上達させていくためのポイント3つを詳しく解説初級タイ語学習者の方がどうやってリスニングスキルを伸ばしていったら良いか、ということについて質問をいただきました。 タイ語のリ...


お勧めのタイ語学習本【中級】『中級タイ語総合読本』

中級タイ語総合読本―タイの社会と文化を読む』 三上直光著 白水社

中級のタイ語学習には最適の一冊で、もう何人もの方にご紹介しています。

上でご紹介した『タイ語の基礎』と同じ三上先生が書かれたもので、文法的な事項が少しリンクしている部分もあります。

理想的な学習方法としては、『タイ語の基礎』でしっかり基礎力を身につけてから、『中級タイ語総合読本』で中級向けの学習に入る、ということでしょうが、どうしても時間がかかってしまいます。

そのため、ある程度学習経験がある方であれば、中級タイ語総合読本』をメインの教材として学習しながら、文法に関し疑問点が出てきた場合、『タイ語の基礎』を用いて復習していく、というのが良い使い方だと、個人的には考えます。

こんな方にオススメ

・中級レベルに到達された方は、是非こちらを選んでください。

・全25課とボリュームが多めながらも、1課ずつしっかりこなしていくことで確実に力になります。

・タイの文化・慣習・生活様式に関することがふんだんに盛り込まれているので、タイ語の学習にプラスして、タイについてより深く知ることもできます。

Sripasa
Sripasa
実際に、中級レベルの方の個人レッスンでは、こちらのテキストを用いて授業を進めています。

レッスンの中で文法事項を確認する必要が出てきたときは、基礎的な文法事項がより網羅されている『タイ語の基礎』を用いることが多いです。



まとめ

上記3冊は、どれもおすすめできる学習本です。

この3冊の中からどの本を選ぶかは、ご自身の現在のレベルや、将来的にどのレベルまで到達したいかという目標値をベースに、最適な学習本を選んでみてください。

chiangrai
【レビュー】タイ文化/慣習/料理・タイ人について「もっと知りたい」方に読んでほしい『おすすめ本 3選+1』こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 タイ人と接する機会が増えると、よりタイのこと・タイ人のことについて知りたく...
タイについての、おすすめの小説
物語でタイに浸ろう!タイ好きの方へおすすめしたい必読の歴史小説3選 今回ご紹介する本は、全部で3種(上下巻が2種あるので、実際には5冊で、どれも文庫本)です。 文庫本ですので、手に取りやすい...
タイ語単語帳
単語を覚えるための「手作り単語帳」の作り方と使い方【語学学習/タイ語】語学の勉強に欠かせない単語帳、皆さんどんな単語帳を使われていますか? 英語などのメジャーな言語だと、市販のものでもある程度の単語...