เกี่ยวกับภาษาญี่ปุ่น(ภาษาญี่ปุ่นเล่าสู่กันฟัง)【タイ人(日本語学習者)向け】
タイ語試験

【タイ語試験対策】Thai Competency Test/旧ポーホック(教育省主催)2つの方法【要領/要項】

Thai Competency Test/旧ポーホックの過去問

こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。

Thai Competency Test/旧ポーホック試験を受験予定の方から、「過去問はないでしょうか」という質問をいただきました。

Sripasa
Sripasa
過去問は、私が知る限りでは出回っていないように思います。

対策本のようなものも、恐らく出ていないのではないでしょうか…

こちらが回答なのですが(ご質問者様には既にお返事済みですが)、出題傾向を知るヒントは2通りあると思いますので、今回の記事でご紹介したいと思います。

【タイ語】Thai Competency Test/旧ポーホック対策①試験要領を確認する

2018年試験要領」の3~6ページ目に掲載されている「出題傾向」と「例題」を確認する

例題に近い問題が出題される可能性があること、また試験問題の傾向がわかりますので、このページは目を通しておくことをお勧めします。

ご参考までに、その一部を要約したものをご紹介します。

2018年試験要領:リーディング

・全部で36問(50分)
・問題ごとの選択肢は4つ(マークシート方式)
・試験問題は、最初は易しく、後ろに行けば行くほど難しくなる
・内容は多岐にわたる(短いメッセージのようなものから、新聞・雑誌の記事まで)

 ※注意すべき点:時間配分。全部で50分しかないので、1問に時間をかけすぎると間に合わなくなる

リーディングの試験問題の例

2018年試験要項のp4の上段に載っています(ตัวอย่างข้อสอบทักษะการอ่าน)ので、是非トライしてみて下さい。
  

2018年試験要領:リスニング

・全部で36問(50分)
・内容は、短いメッセージ、短い会話、ニュース、(何らかの)状況/事態の報告、学術的な記事など。
・基本的には、日常生活で出てくる一般的な話だが、学術的な話につては知識に関係する内容のものもある(但しそこまで深い知識は求められない)。
・問題用紙には、問題ごとに選択肢が4つ書かれている(マークシート方式)
・質問はCDによる音声で、質問毎に1度しか読み上げられない

Sripasa
Sripasa
問題が1度しか読まれないというのは、注意が必要ですね。

頭に入れておくと慌てなくて良さそうです。

リスニングの試験問題の例

2018年試験要項のp4の中段に載っています(ตัวอย่างข้อสอบทักษะการฟัง)ので、是非トライしてみて下さい。

2018年試験要領:ライティング

ライティングは以下の2問からなります。
1問につき解答はそれぞれ1件(1話)で、計50分です。

①データの説明(General Writing)

・地図、図、表を見て、そこに載っているデータを説明する。
・この問題については、意見を述べる必要はなく、図や表には「何が」載っているかを説明する簡単な文章を書くので良い。
・目安は約10文、15分。

②記事や絵(写真)を見て、意見を記述(Academic Writing)

・①の問題よりも、よりライティングスキルが求められる。
・出題される記事や絵(写真)の内容について、説明や解説を行い、それに対する結論の提示、反論または学術的な意見を提示することが求められる。
・求められる文章の構成(筋道を立てたライティング):
  ・出だし
  ・内容
  ・結論
・目安は約20文、35分。

ライティングの試験問題の例

2018年試験要項のp5の上~中段に載っています(ตัวอย่างข้อสอบทักษะการเขียนอธิบายข้อมูลとตัวอย่างข้อสอบทักษะการเขียนเชิงวิชาการ)ので、是非トライしてみて下さい。
  

Sripasa
Sripasa
ライティングに関してですが、試験要領では

①:15分
②:35分

と表記されているものの、本文中には「2題を50分で解く」と書かれています。

私自身の受験経験を踏まえても、①と②で厳密な時間の区別はなかったため、そのように理解して良いと思います。
(つまり、15分経ったら①を解くのをストップしないといけない、ということではない)

このことがはっきりと明記されておらず気になりましたので、補足させていただきます。

私個人の理解では、「目安として①を15分以内に解かないと、次が間に合いませんよ」、ということと解釈しました。

(万が一違った(変更となった)場合は申し訳ありません)

2018年試験要領:スピーキング

・インタビュー(面接)(約10分/人)
・試験官は2人
・用意されているトピック(お題)をベースに質問される。

・審査される項目は以下の3点:
 ①話し方
 ②質問に対する答え
 ③言葉の選び方

スピーキングの試験問題の例

2018年試験要項のpの6上段に、トピックが「タイ料理」だった場合の質問が表で載っています(ตัวอย่างข้อสอบทักษะการพูด)ので、是非確認してみて下さい。

Sripasa
Sripasa
例題にも書いてありますが、最初に自己紹介をしましょう。

私が当たった面接官の方は、せっかちで(早口だった)自己紹介している途中で遮られてしまいました。

(名前と日本人であることを伝え、タイに〇年住んでいる、と話している途中で「もういい」みたいなことを言われたような記憶が…)

ですが、改めて試験要領を確認すると、例題の中にも「自己紹介」と書いてありますので、

「自己紹介をしようとする」
姿勢が大事なのではないかと思います。

自己紹介での話し方を聞いて、大体のレベルを判断しているのかもしれません。

上記は「2018年試験要領」の抜粋ですので、是非詳細をご確認いただき、例として挙げられている出題サンプルを解いてみることをおすすめします。

【2018年】【タイ語試験】Thai Competency Test(旧ポーホック)日程
【2018年日程】【タイ語試験】Thai Competency Test(教育省主催/旧ポーホック)2018年9月19日に、2018年度のThai Competency Testのスケジュールが発表されました。 2018年 T...
スポンサーリンク

【タイ語】Thai Competency Test/旧ポーホック試験対策②学校に通う

Thai Competency Test/旧ポーホックの過去問

Competency Test(ポーホック)対策をしているタイ語学校に通う

Competency Testの対策クラスを毎年開講しているタイ語学校(個人レッスン)がありますので、そこで試験対策をお願いする、というのも一つの手だと思います。

そういったクラスがあるタイ語学校であれば、学校や先生が試験対策のノウハウをお持ちですから、出題傾向を踏まえた対策をしてくれます。

私は、通っていたタイ語学校で、試験直前に、個人レッスンで作文(ライティング)と面接(スピーキング)についてのアドバイスをもらいました。

作文(特に1問目)はどのように解答すればよいか「正解」が自分ではわからなかったのですが、個人レッスンで試験の傾向(タイ語学校には、過去問をベースにした類似問題がたくさんあります)や解答の仕方などを教えてもらっていたので、試験本番でスムーズに解くことができ、レッスンをお願いして良かったと思いました。

詳しくは、ブログ『タイ語試験:Thai Competency Test(教育省主催旧ポーホック/p.6/ป.6)2013年試験内容と対策』でもご紹介しています。

Thai Competency Test(旧ポーホック)2013年の試験内容と対策
タイ語試験:Thai Competency Test(教育省主催旧ポーホック/p.6/ป.6)2013年試験内容と対策タイ教育省により毎年実施されている、外国人向けのタイ語能力測定試験である『Thai Competency Test(旧ポーホック試験)』...

私は、本当に直前にお願いしたので、レッスンをした回数は(記憶が間違っていなければ)3回ぐらいだったと思います。

対策クラス(グループレッスン)全てを受ける時間は無い、という方でも、数回の個人レッスンであれば時間が取れるという方もいらっしゃると思いますので、対策のやり方に悩まれている方には、おすすめの方法の一つです。

※タイ語学校によっては、個人レッスンの申し込みが1レッスン単位ではなく、10レッスン単位など最初にまとめて購入する必要があると思いますので、その点だけご注意ください。

スポンサーリンク

【タイ語】Thai Competency Test/旧ポーホック試験対策:さいごに

試験を受ける際は、それがどんな試験であれ、どんな問題が出るのかを知ることはとても大切なことです。

受けるからには少しでも良い点数が取りたいですよね。

受験予定の方の参考に少しでもなれば幸いです。

2017年Thai Competency Test (旧ポーホック)概要(日程と申し込みの流れ)
【2017年】【タイ語試験】Thai Competency Test(旧ポーホック/教育省主催)概要(日程・申し込み方法)外国人がタイ語の能力を測る公式の試験とされる、『Thai Competency Test(旧ポーホック)』は、毎年8~9月頃試験要項が発...
error: Content is protected !!