タイ語単語

タイ語で雪を意味する「ヒマ」は「ヒマラヤ山脈」のヒマと同じ語源だった話[サンスクリット]

冬の日光東照宮入口

こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。

こちらの記事では、「雪」というタイ語の語源について見ていきます。

タイトルの中で、すでに一番言いたかったことをお伝えしていますが、

タイ語で「雪」を意味する『ヒマ/หิมะ/hìmá』の語源

=「ヒマラヤ/Himalaya」の「ヒマ/Hima」

インドの古典語「サンスクリット」がその由来)

こういったお話です。

せっかくなので、「語源」を切り口にもう少し詳しく見ていきたいと思います。

では、はじめましょう。

[タイ語単語]タイ語で「雪」を意味する『ヒマ』の語源【サンスクリット語】

冬の日光

タイ語で「」を意味する単語は「ヒマ/หิมะ/hìmá」です。

この単語は、サンスクリット語起源の語です。

サンスクリット語の「हिम(hima/ヒマ)」は、「雪」を意味する中性名詞です。

ちなみにパーリ語でも「hima/ヒマ」は「雪・氷」を意味します。

サンスクリット語と同じく中性名詞です。



「ヒマラヤ山脈」の「ヒマラヤ」の語源

「ヒマラヤ」は、山脈の名前(「ヒマラヤ山脈」)でよく知られていますよね。

この「ヒマラヤ」という単語もサンスクリット起源の語です。

サンスクリット語の「ヒマ(雪)」と「アーラヤ(住居)」の複合語で、「雪の宿るところ」という意味を持っています。

サンスクリット語

हिम(ヒマ/hima:雪)

आलय(アーラヤ/ā-laya:住居、住所(男性名詞))

⇒हिमालय(ヒマーラヤ/Himālaya)

参考:https://en.wiktionary.org/wiki/आलय



「ヒマラヤ」のタイ語での言い方とその語源

「ヒマラヤ」は、タイ語では何と言うのでしょう?

実はタイ語も、先ほどのサンスクリット語と同じように、「雪」に「住みか・在りか」という語を合わせて単語が作られています

「住みか・在りか」を意味するタイ語は『อาลัย(アーライ/aalai)』です。

タイ語

หิมะ(ヒマ/hìmá)

อาลัย(アーライ/aalai)

⇒หิมาลัย(ヒマーライ/himaalai)
 :雪の在りか(すなわち「ヒマラヤ」)

※ヒマラヤ山脈はタイ語で「เทือกเขาหิมาลัย/thɨ̂ak khǎo himaalai」です。
(「山脈」が「thɨ̂ak khǎo/トゥアックカオ」)

参考:https://th.wiktionary.org/wiki/อาลัย



「在りか・住みか」を表す「アーライ」が使われているタイ語単語

「在りか・住みか」を表すタイ語の『อาลัย(アーライ/aalai)』という単語ですが、他にも使われている単語があります。

それは「มหาวิทยาลัย/マハーウィッタヤライ(mahǎa-wítthayaalai)」という単語です。

タイ語で「大学」を意味する単語ですが、末尾の「(y)aalai/(ヤ)アーライ」の部分に、先ほどの「アーライ」が登場しています。

この『大学:มหาวิทยาลัย/マハーウィッタヤライ/mahǎa-wítthayaalai』という語は、以下の3つの語に分解することができます。

タイ語『大学(มหาวิทยาลัย/マハーウィッタヤライ)』

①มหา-(マハー/mahǎa):大いなる

②วิทยา(ウィッタヤー/wítthayaa):知識・学

③อาลัย(アーライ/aalai):在りか

つまり、直訳すると「大いなる知識の在りか」となります。

さいごに

今回の記事では、タイ語で「雪」を意味する単語「ヒマ」を中心に見てきました。

最後に改めてまとめると以下の通りです。

タイ語
  • 「雪」:「ヒマ/หิมะ/hìmá」
  • 「ヒマラヤ(雪の在りか)」
    :「หิมาลัย/ヒマ―ライ/himaalai

※どちらもサンスクリット語が起源

タイ・バンコク・シーロム交差点
再開発のため閉館したタイホテル『デュシタニ・バンコク』|名称に込められた2つの意味とその由来こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 タイの老舗五つ星ホテル『デュシタニ・バンコク』が、2019年1月5日(...
【タイ語単語】「3つの」を意味する『トライ/ไตร』を用いた語句【数字】
【タイ語単語】「3つの」を意味する『トライ/ไตร』を用いた語句【数字】こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 タイ語には、サンスクリット語やパーリ語といった、インド系言語からの借用語が...
ビエンチャン/ヴィエンチャン(ラオス)にある仏塔「タート・ルアン」
タイ東北部とラオスの歴史を紐解いてみる|「ラオス」「イサーン」の名称の由来もこんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 今回は、「イサーン(またはイーサーン/อีสาน/Isan)」と呼ばれるタ...