タイ語学校

【体験談】チュラロンコン大学外国人向けタイ語コース[インテンシブタイ]レベル別学習内容

私は、タイに住み始めてすぐに(2010年から)チュラロンコン大学のインテンシブ・タイ・プログラム(外国人向けタイ語コース)でタイ語を勉強し始めました。

文字通り「ゼロから」勉強を始め、あまりの大変さに途中休んでしまいましたが、2012年に何とか受講が修了(卒業)しました。

私が受講していた頃の「Intensive Thai Program」の各コースの内容について、ご紹介したいと思います。

2019年のスケジュールについては、こちらをご参照ください。

【2019年スケジュール】チュラロンコン大学タイ語コース『Intensive Thai Program』こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 バンコクでタイ語を学習する場として有名な、チュラロンコン大学文学部に併設さ...

私が受講した『Intensive Thai Program』(2010年~2012年)

  • 受講時期:
    2010年1月~2012年11月(途中休んでいた時期あり)
  • 1コース100時間
    (1日4時間×5週間(25日))

    100時間×9レベル=合計900時間

  • 1コース25,000バーツ
    (25,000バーツ÷25日=1,000バーツ(約3,000円)/1日)
     25,000バーツ×9レベル=合計225,000バーツ(約675,000円)
スポンサーリンク

『Intensive Thai Program(チュラロンコン大学タイ語コース)』各レベルでの学習内容(概要)(2010年~2012年)

【初級】Basic 1~3(現在のTH 1~3に相当)

Basic 1

・日常会話

※タイ文字は使わない。タイ語はラテン文字(所謂アルファベット)表記

Basic 2

・午前中2時間タイ文字、午後2時間会話・リスニング

※Basic2の50時間(午前中2時間×25日。実際は20日(40時間)くらい)でタイ文字を習得する

Basic 3

・タイ文字で文章を読み始める(簡単なもの)

・毎日テーマに沿って簡単な発表をする
(テーマの一例:『スポーツ』『旅行』『宗教』など)

【スポンサーリンク】




【中級】Intermediate 1~3(現在のTH 4~6に相当)

Intermediate 1

・ちゃんとしたプレゼンが始まる
(週1。テーマは自由)

※コース全体のレベル感:『中級タイ語総合読本』とほぼ同じ

Sripasa
Sripasa
中級タイ語総合読本』は、初級が終了し、更にレベルアップを図りたい方にピッタリの本かと思います。
初級・中級者向けタイ語学習本
【レビュー】独学でタイ語を勉強する方におすすめの学習本3冊(初心者~中級)こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 語学の学習本は種類が多く、どれを選んだらよいか悩みますよね。 タイ語...

Intermediate 2

・テキストを読む(内容は『経済』『社会』『政治』『文化』など)

・プレゼン
(週1。大きなテーマは決まっている。『経済』『社会』『政治』『文化』の4テーマ)

※コース全体のレベル感:『中級タイ語総合読本』とほぼ同じ or 少し難しいくらい

Intermediate 3

・新聞を読む(ニュース記事)

・プレゼン(週1。ニュース記事に関して)
※プレゼンの題材は、自分で新聞を読んで適した記事を選ぶ

【スポンサーリンク】




【上級】Advance 1~3(現在のTH 7~9に相当)

Advance 1

・新聞を読む(コラム(社説))

・プレゼン(週1。コラム(社説)に関して)
※プレゼンの題材は、自分で新聞を読んで適したコラム(社説)を選ぶ

Advance 2

・雑誌の記事を読む(週刊誌など)

・CM見る⇒レポート

・討論(1人がテーマを決めて準備し、皆で意見を言い合う。6名いたので全部で6テーマありました。)
※討論のテーマ『チップ』『いじめ』『物乞い』など

Advance 3

・雑誌(週刊誌など)の記事(社会問題)や、短編小説を読む

・映画(hǒom rooŋ / โหมโรง / ホームローン)を見る⇒レポート

・テーマに沿った発表(プレゼンではなく、皆に話を聞かせるような感じで話す練習)
 ※テーマ:『人生で一番○○だった出来事』

・スピーチ(5~10分くらいの文章を事前に作文し、先生に予め添削してもらったものを丸暗記して当日皆の前で話す)

・ディベート2回(テーマ:『独身と既婚、どちらが良いか?』『AECのリーダーはどの国であるべきか?』)

・討論(Advance 2と同じく6名のクラスだったので6テーマありました。私が選んだテーマは『原発』についてでした。)

・専門家の方の講義(色々な分野)

・課外活動

スポンサーリンク

さいごに(「チュラ大タイ語コース」を受講した私の感想)

チュラロンコン大学(チュラ大)のタイ語コースは、『Intensive(インテンシブ)』を謳っているだけあり、最短で上達できる道を示してくれる学校であることは間違いないと思います。

私自身も通って良かった(&卒業まで辿り着けて良かった)と心から思っていますが、通うにはバンコクに一定期間滞在する必要がありますし、時間とお金を確保する必要がありますので、通うのが難しい方もいらっしゃると思います。

一つだけ申し上げたいのは、このコースがタイ語上達の唯一の道ではない、ということです。

チュラ大の「Intensive Thai Program」に通わなくても、他のタイ語学校で学ばれ、現在タイ語を使って仕事をされている方もいらっしゃいます。

ですので、チュラ大に通える方は是非通ってほしいのですが、通うことが難しい場合でも気を落とさずに、ご自身の可能な方法でタイ語の勉強をぜひ続けてほしいと思います。

関連記事
【タイ語学校】選ぶ前に考えたい2つのこと・中級以上を目指す方へのおすすめ校【経験談あり】
【タイ語学校】選ぶ前に考えたい2つのこと・中級以上を目指す方へのおすすめ校【経験談あり】こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 先日、タイにお住まいの方から、タイ語学校の選び方についてこのような質問をい...
タイ語検定準2級の難易度[チュラ大のレベルと比較]・インテンシブ・タイでタイ語を学ぶメリット&コースの変更点こんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 こういった質問をいただきました。 こちらにお答えしていきます...