タイ書籍

物語でタイに浸ろう!タイ好きの方へおすすめしたい必読の歴史小説3選

タイについての、おすすめの小説
Sripasa
Sripasa
手軽に読める本といえば小説ですよね。

タイについての小説の中で、私のおすすめ3選をご紹介したいと思います。

どれも本当に面白く、タイ在住の方やタイ好きの方の必読書だと勝手に思っています。

今回ご紹介する本は、全部で3種(上下巻が2種あるので、実際には5冊で、どれも文庫本)です。

文庫本ですので、手に取りやすい、旅のお供に持ち運びやすい、という利点もありますので、ぜひお手に取ってみてほしいです。

では、始めましょう。

おすすめのタイ歴史小説①『熱い絹』

1冊目は、松本清張著『熱い絹(講談社文庫)です。

タイシルクの超有名店Jim Thompsonジムトンプソン)」の創業者である、アメリカ人のジム・トンプソン氏が、1967年にマレーシアのキャメロン・ハイランドで消息を絶ったという話は有名ですが、その史実に基づく松本清張氏の推理小説です。

この本は、特にタイを旅行にされる方に読んでいただきたい一冊です。

旅のお供に持って行くのにも、ちょうど良いのではないかと思います。

ラオスが舞台の松本清張の小説『象の白い脚』

松本清張氏は、ラオスに関する話も書かれています。

象の白い脚』(光文社文庫プレミアム)です。

以前は松本清張全集でしか読むことができなかったのですが、現在は文庫本が出ております。

こちらは、ビエンチャンが舞台です。

ストーリー自体の面白さというよりは、当時(1969年)のラオス・ビエンチャンの様子を物語から垣間見ることができる、という点がおすすめのポイントです。

ラオスとタイ東北部(イサーン)の歴史については、『タイ東北部「イサーン」とラオスの歴史を紐解いてみる』でご紹介していますので、宜しければご覧ください。

ビエンチャン/ヴィエンチャン(ラオス)にある仏塔「タート・ルアン」
タイ東北部とラオスの歴史を紐解いてみる|「ラオス」「イサーン」の名称の由来もこんにちは。Sripasa(@Sripasaa)です。 今回は、「イサーン(またはイーサーン/อีสาน/Isan)」と呼ばれるタ...


おすすめのタイ歴史小説②『風雲児』

続いては、白石一郎著『風雲児』(文春文庫)です。

タイに関わった日本人の中で、有名になった人物としては(恐らく)最初の人物であろう、山田長政氏の物語です。

「アユタヤの日本人町跡」と聞いて最初に思いつくのがこの山田長政氏、という方も多いのではないでしょうか。

アユチヤ日本人町の跡アユチヤ日本人町の跡
(2013年3月にアユタヤにて撮影)
Sripasa
Sripasa
同じ著者の作品では、徳川家康に仕えたイギリス人三浦按針ウイリアム・アダムス)の生涯を描いた『航海者』も、タイとは関係ないのですが、『風雲児』とほぼ同時代の作品で、個人的におすすめの一冊です。
関連記事

【タイ映画】『YAMADA-The Samurai of Ayothaya-』と山田長政の人物像考察[アユタヤ時代]



おすすめのタイ歴史小説③『メナムの残照』

太平洋戦争時の日本人軍人「小堀(コボリ)」タイ人女性「アンスマリン」の恋愛を題材にした物語『メナムの残照』(角川文庫)です。

タイの小説で、タイ人の中で知らない人はいないという位、有名です。

タイ語のタイトルは「クーカム(คู่กรรม / khûu kam)」です。

タイ人と話をする際に何かと話題に出てくるので、話を知っておいて損はないと思います。

こちらの本は日本では既に絶版となっているようですが、2015年頃にタイの紀伊国屋で文庫本の復刻版が発売されていました。

その時ちょうどタイを訪れていたので嬉しくて思わず購入したのですが、売り切れていなければ、今もタイの紀伊国屋で購入できると思います。

Sripasa
Sripasa
クーカムは映画やドラマがこれまでに何度も制作されています。

タイに住んでいた頃、ちょうど映画やドラマが放送されていた時期だったので、「原文のまま読んでみたい!」とタイ語版を意気込んで購入したものの、文語的な表現にやられ早々に離脱した経緯があります・・・

いつか時間ができたら、この日本語の文庫本を片手に読み進めたいと思う一冊です。

関連記事

・東南アジア(特にシンガポール・マレー半島)の歴史(特に太平洋戦争前後)について興味のある方におすすめの本
東南アジアが題材のおすすめ歴史小説3選【太平洋戦争】[シンガポール/マレー半島]

・タイ文化・慣習・タイ人の考え方・タイの食文化についてのおすすめの本
【レビュー】タイ文化/慣習/料理・タイ人について「もっと知りたい」方に読んでほしい『おすすめ本 3選+1』