初心者タイ語講座

【第6回】名詞の修飾は後ろから:『独学で勉強しよう!超初心者向けタイ語講座』

独学で勉強しよう!超初心者向けタイ語講座』の第6回です。

第6回講義では、タイ語の名詞を修飾する方法をご紹介します。

第6回講座のポイント

タイ語の名詞を修飾する場合は後ろから

修飾する方法は大きく分けて2通り

単語+単語
単語+「コン(グ)(ของ)」+単語

本記事の流れです。

第6回タイ語講座の流れ
  1. 第6回のポイント
  2. 具体例
    単語(修飾される語)+単語(修飾する語)
    単語(修飾される語)+コン(グ)+単語(修飾する語)

  3. タイドラマ『2gether』に出てくるセリフを確認する
  4. まとめ:
    タイ語の単語の修飾は後ろから

修飾の方法について具体例を確認した後に、タイの人気BLドラマ『プロ・ラオ・クーガン/2gether The Series』に出てくるセリフ(ワンフレーズ)を4シーン、ご紹介します。

そして最後にもう一度、本記事のポイントをおさらいします。

※タイドラマ『2gether』のセリフを先にチェックしたい方は、こちらのリンクから該当部分(本記事後半)をご確認いただけます。

では、はじめます。

Sripasa
Sripasa
今回の講義は、他の回と比べやや長くなっています。
内容が難しいというよりは、色々な単語(の表現)を紹介しているため、結果として長くなったものです。

時間をかけながらで構いませんので、ぜひ少しずつでも最後まで読み進めていってほしいと思います。

本講義全体の概要はこちら
独学で勉強しよう!超初心者向けタイ語講座
独学で自分のペースで学んでいける、超初心者(〜初級)向けタイ語講座【全30回+α】「タイ語を勉強したい、勉強してみたい」という方向けに、ゼロから始められる『超初心者(〜初級)向けタイ語講座』を作りました...

本講座をご利用される前に、本講座を作った背景注意事項をどうぞご一読ください。

タイ語講座第6回のポイント:名詞の修飾方法

今回の講義のテーマは、タイ語の名詞を修飾する方法です。

ここでもポイントとなるのが、語順です。

タイ語では、名詞の意味の範囲を狭める(名詞を修飾する)場合、その語は後ろに置きます。

後ろに置く語は、名詞または形容詞です。

第6回講座のポイント①
  • タイ語の名詞を修飾する場合は後ろから

    ※後ろに置く語は「名詞」または「形容詞

「名詞を修飾する場合は前から」の日本語とは逆、というのが一つ目のポイントです。

そして二つ目のポイントは、「後ろから修飾する」方法は大きく分けて2通りある、という点です。

それは、「修飾される側の単語(被修飾語)」と「修飾する側の単語(修飾語)」をそのまま並べるだけのケースと、その二つの単語(被修飾語・修飾語)の間に、「コン(グ)(khɔ̌ɔŋ/ของ)」という語を挟むケースです。

第6回講座のポイント②
  • 修飾する方法は大きく2通り
パターン1

単語
(修飾される語
=名詞)

単語
(修飾する語
=名詞・形容詞)

パターン2

単語
(修飾される語
=名詞)

コン(グ)
(khɔ̌ɔŋ/ของ)

単語
(修飾する語
=名詞)

日本語でも、名詞を修飾する場合は「の」を単語の間に入れたりしますよね。

タイ語の「コン(グ)(khɔ̌ɔŋ/ของ)」は、日本語の「の」に近い役割を担っていますので、本講義では、日本語とタイ語を比べながら詳しく見ていきます。

では、はじめます。



修飾方法①単語(名詞)+単語(名詞・形容詞)

まず見ていきたいのが、単語と単語を並べるケースです。

【例1】〇〇料理:「アーハーン」+「〇〇(名詞)」

最初に見ていく単語は、「〜料理」のように、各国(または各地域)の料理であることを伝える際の言い方です。

「タイ料理」と「日本料理(和食)」を例に挙げて説明します。

タイ料理

アーハーン・タイ
  ʔaahǎan thai
  อาหารไทย

「アーハーン・タイ」の音声

日本料理

アーハーン・イープン
  ʔaahǎan yîipùn
  อาหารญี่ปุ่น

「アーハーン・イープン」の音声

「アーハーン(ʔaahǎan/อาหาร)」は、「料理」という意味のタイ語です。

そして「タイ(Thai)」はタイ語でも「タイ(thai/ไทย)」、「日本」はタイ語で「イープン(yîipùn/ญี่ปุ่น)」です。

それぞれの単語の意味

アーハーン(ʔaahǎan/อาหาร):料理
タイ(thai/ไทย):タイ(Thai)
イープン(yîipùn/ญี่ปุ่น):日本

「タイ料理」と「日本料理」、この2つの言葉のタイ語と、その日本語訳を分解してみます。

タイ語日本語
アーハーンタイ
(ʔaahǎan thai)
(อาหารไทย)
タイ料理
アーハーンイープン
(ʔaahǎan yîipùn)
(อาหารญี่ปุ่น)
日本料理

水色の文字が「料理」を意味する単語です。

タイ語は「アーハーン」という語が前に来ている一方、日本語は後ろに来ています。

一方、「タイ」や「日本」といった「料理」を修飾する語は、タイ語は「アーハーン」の後ろに来るのに対し、日本語は「料理」の前に置きますよね。

日本語とタイ語では、こういった違いがあります。

【例2】〇〇語:「パーサー」+「〇〇(名詞)」

次に見ていくのは、「〜語」という単語です。

「タイ語」「日本語」、そして「英語」を例に挙げて説明します。

タイ語

パーサー・タイ
  phaasǎa thai
  ภาษาไทย

「パーサー・タイ」の音声

日本語

パーサー・イープン
  phaasǎa yîipùn
  ภาษาญี่ปุ่น

「パーサー・イープン」の音声

英語

パーサーアンクリッ(ト)
  phaasǎa ʔaŋkrìt
  ภาษาอังกฤษ

「パーサー・アンクリッ(ト)」の音声
それぞれの単語の意味

パーサー(phaasǎa/ภาษา):言語
タイ(thai/ไทย):タイ(Thai)
イープン(yîipùn/ญี่ปุ่น):日本
アンクリッ(ト)(ʔaŋkrìt/อังกฤษ):英(国)

「タイ語」「日本語」「英語」、それぞれの言葉を分解してみます。

タイ語日本語
パーサータイ
(phaasǎa thai)
(ภาษาไทย)
タイ
パーサーイープン
(phaasǎa yîipùn)
(ภาษาญี่ปุ่น)
日本
パーサーアンクリッ(ト)
(phaasǎa ʔaŋkrìt)
(ภาษาอังกฤษ)

第1回講義の中で、以下の例文が出てきました。

第1回講義【例文2】

私はタイ語を勉強する
  チャン リアン パーサー・タイ
  chán rian phaasǎa thai
  ฉัน เรียน ภาษาไทย

パーサー・タイを分解すると「パーサー(言語)」と「タイ(タイ/Thai)」に分かれること、そして修飾する語(この場合は「タイ」)は、修飾される語(この場合は「パーサー」)の後ろに来ることが分かりました。

【例3】〜人:「コン」+「名詞または形容詞」

三つ目の例は、「〜人」という表現です。

最初にお話しした通り、修飾する側の単語(修飾語)は、名詞ではなく形容詞も可能です。

そこで、ここでは、修飾語が名詞のケースと形容詞のケース、両方見ていきます。

【例3.1】〇〇人:「コン」+「○○(名詞)」

まずは、これまでに見てきた「〜料理」や「〜語」のように、国(や地域)名と合わせて「◯◯人」とする言い方を見てみます。

「人」は、タイ語で「コン(khon/คน)」です。

「コン」+名詞(国/地域)

タイ人

コン・タイ
  khon thay
  คนไทย

「コン・タイ」の音声

日本人

コン・イープン
  khon yîipùn
  คนญี่ปุ่น

「コン・イープン」の音声

「タイ」や「日本」という、「人」を修飾する語が、「人」という意味を持つ単語「コン」の後ろに来ていることが分かります。

「他の国(や地域)の人」の場合でも、同じ考え方を使って言うことができます。

「コン+国(地域)」の単語【一例】

イギリス人

コン・アンクリッ(ト)
  khon ʔaŋkrìt
  คนอังกฤษ

「コン・アンクリッ(ト)」の音声

 中国人

コン・チーン
  khon ciin
  คนจีน

「コン・チーン」の音声

ラオス人

コン・ラーオ
  khon laao
  คนลาว

「コン・ラーオ」の音声

イサーン(タイ東北部の)人

コン・イーサーン
  khon ʔiisǎan
  คนอีสาน

「コン・イーサーン」の音声

「コン(khon/คน)」+「国(地域)名」で、「〜(の)人」となることが分かりました。

新規単語の意味

コン(khon/คน):人
チーン(ciin/จีน):中国
ラーオ(laao/ลาว):ラオス(Laos)
イーサーン(ʔiisǎan/อีสาน):タイ東北部

※既出の単語については省略しています

【例3.2】△△人:「コン」+「△△(形容詞)」

続いて、「コン」の後ろに「形容詞」を置くケースを見てみます。

「コン」+「形容詞」で、「〜な人」という意味になります。

「コン+形容詞」かっこいい人

カッコいい人

コン・ロー
  khon lɔ̀ɔ
  คนหล่อ

「コン・ロー」の音声

この「〜な人」を意味する「コン」+「形容詞」については、後ほどご紹介するタイドラマのセリフにも登場しますので、そちらもぜひご確認ください。
(該当のセリフへは こちらから飛べます)

新規単語の意味

コン(khon/คน):人
ロー(lɔ̀ɔ/หล่อ):カッコいい(形容詞)

【例4】アイスコーヒー:「名詞」+「形容詞」

引き続き、「名詞」+「形容詞」の例をご紹介します。

アイスコーヒー

カーフェー・イェン
  kaafææ yen
  กาแฟเย็น

「カーフェー・イェン」の音声

「カーフェー(kaafææ/กาแฟ)」が「コーヒー」を指し、イェン(yen/เย็น)が「冷たい(アイスの)」といった意味を持つ形容詞です。

これまで見てきた例と同様、「カーフェー」が先に来て、それを修飾する「イェン」は後ろに来ており、日本語の「アイス・コーヒー」の順序とは逆であることが分かります。

「アイスコーヒー」以外にも、こんな語があります。

飲み物を例に挙げて見てみます。

「名詞+形容詞」の語【飲み物】

ホットコーヒー

カーフェー・ローン
  kaafææ rɔ́ɔn
  กาแฟร้อน
 (=コーヒー+ホットの)

「カーフェー・ローン」の音声

緑茶(グリーンティー)

チャー・キアオ
  chaa khǐao
  ชาเขียว
 (=茶+緑の)

「チャー・キアオ」の音声

また、飲み物を表す語でも、以下の例のように、「名詞」+「名詞」で成り立つものもあります。

ライム(タイのレモン)ティー

チャー・マナーオ
  chaa manaao
  ชามะนาว
 (=茶+ライム)

以下のような、「名詞」+「名詞」+「形容詞」の例もあります。

アイスミルクティー

チャー・ノム・イェン
  chaa nom yen
  ชานมเย็น
 (=茶+ミルク+冷たい)

「チャー・ノム・イェン」の音声
新規単語の意味

カーフェー(kaafææ/กาแฟ):コーヒー
イェン(yen/เย็น):冷たい、涼しい
ローン(rɔ́ɔn/ร้อน):熱い、暑い
チャー(chaa/ชา):茶
キアオ(khǐao/เขียว):緑の
マナーオ(manaao/มะนาว):ライム(タイのレモン)
ノム(nom/นม):ミルク

※既出の単語については省略しています

【例5】僕の恋人:「名詞」+「名詞」

次に見ていきたいのは、日本語と構造が少し異なるケースです。

具体的には、日本語では、単語と単語の間に「の」を必要とする一方、タイ語では不要なケースです。

「僕の恋人」という表現を例に挙げてみます。

僕の恋人

フェーン・ポム
  fææn phǒm
  แฟนผม

「フェーン・ポム」の音声(女性の音声)

各単語を分解して見てみましょう。

タイ語日本語
フェーンポム
(fææn phǒm)
(แฟนผม)
恋人

タイ語では、「恋人」を意味する単語「フェーン」と「ポム(僕)」の間に何も入らないのに対し、日本語の場合は「僕恋人」では言葉足らずになり、間に「の」が必要になります。

ですが、この「僕の恋人」という表現は、タイ語ではもう一通りの言い方があります。

それが、次章で説明する「単語と単語の間に「コン(グ)」を入れる」言い方です。



修飾方法②単語(名詞)+「コン(グ) /ของ」+単語(名詞)

名詞を修飾する二つ目の方法は、単語(修飾される語)と単語(修飾する語)の間に「コン(グ)(khɔ̌ɔŋ/ของ)」を入れる方法です。

この場合、単語は「名詞」になります。

名詞」+「コン(グ)/khɔ̌ɔŋ」+「名詞

「コン(グ)(khɔ̌ɔŋ/ของ)」には「物」という意味がありますが、所有や帰属を表す「〜の」という意味でも使われます。

コン(グ) (khɔ̌ɔŋ/ของ)を単語の間に入れることで、

所有していることを強調する
(他の人のものではなく、◯◯のもの)

文章が長い場合に修飾関係を明確にする

といった効果があります。

【例6】僕の恋人:「名詞」の「名詞」【例5と比較】

【例4】に出てきた「僕の恋人」という表現は、間に「コン(グ) (khɔ̌ɔŋ/ของ)」を入れることも可能です。

「名詞」+コン(グ)+「名詞」

恋人

フェーン・コン(グ)・ポム
  fææn khɔ̌ɔŋ phǒm
  แฟนของผม

「フェーン・コン(グ)・ポム」の音声(女性の音声)
タイ語日本語
フェーンコン(グ)ポム
(fææn khɔ̌ɔŋ phǒm)
(แฟนของผม)
恋人

所有を表す「コン(グ)」が間に入ることにより、「(他の人の恋人ではなく)僕の恋人」というニュアンスが出てきます。

【例外】「名詞+名詞」が修飾関係ではなく、並列関係を表すことも

「名詞」+「名詞」の場合に「後ろの名詞」が「前にある名詞」を修飾する、という話をしましたが例外もあります。

その一つが、「名詞」+「名詞」の場合に、二つの名詞が並列関係となる場合です。

「両親」という言葉を例に挙げてみます。

両親

ポー・メー
 phɔ̂ɔ mæ̂æ
 พ่อ แม่
(父親+母親)

「ポー・メー」の音声
各語の意味

父親
ポー(phɔ̂ɔ/พ่อ)

母親
メー(mæ̂æ/แม่)

「両親」のことをタイ語では「ポー・メー」と言うのですが、「ポー」は父親、「メー」は母親を意味します。

この2つの語が組み合わさって「ポー・メー」という言葉ができています。

「ポー(父)」と「メー(母)」の関係を見ると、これまで見てきたような修飾関係にはなく、2つの語は並列関係にあることが分かります。

すなわち、「母の父(修飾関係)」ではなく、「父母(並列関係)」です。

数は多くないのですが、こういった語がいくつかあるのでその一部をご紹介します。

並列関係にある「名詞+名詞」【一例】

兄弟
ピー・ノーン(グ)
 phîi nɔ́ɔŋ
 พี่ น้อง
(兄/姉+弟/妹)

「ピー・ノーン(グ)」の音声

妻子
ルーク・ミア
 lûuk mia
 ลูก เมีย
(子供+妻)

「ルーク・ミア」の音声

この「並列関係」の他にも、「名詞」+「名詞」が修飾関係ではなく「主語」+「述語」となるケースがあります。

それは別の講義回でお話しする予定です。



タイドラマでみる、タイ語の名詞の修飾

本講義の中で学習した名詞の修飾関係が復習できるようなタイドラマのシーンを、人気ドラマ『プロ ラオ クーガン(2gether The Series)』からピックアップしてみました。

シーンは全部で4種類あります。

タイのBLドラマ『2gether』のセリフ①「〜な人」(名詞+形容詞)

最初にご紹介するのは、TineタイSarawatサラワットにどんな人が好き(タイプ)かを尋ねるシーンです。

ドラマのセリフを引用

Tine:คนสวย(コン・スゥアイ)

Sarawat:(首を横にふる)

Tine:คนเก่ง(コン・ゲン)

Sarawat:(首を横にふる)

Tine:คนน่ารัก(コン・ナーラッ(ク))

Sarawat:ไม่ใช่(マイ・チャイ)

出所(ที่มา):เพราะเราคู่กัน 2gether The Series Ep.5 2/4 3:57-4:09
※括弧書きは本記事の著者によるもの

Tineタイのセリフに注目して見ていきます。

Tineのセリフ①

コン・スゥアイ
 khon sǔai
 คน สวย

きれいな人

各語の意味

コン(khon/คน)


スゥアイ(sǔai/สวย)
美しい、きれいな

Tineのセリフ②

コン・ゲン
 khon kèŋ
 คน เก่ง

優れた人

単語の意味

ゲン(kèŋ/เก่ง)
上手な、優れた、能力のある

Tineのセリフ③

コン・ナーラッ(ク)
 khon nâa rák
 คน น่ารัก

かわいい人

単語の意味

ナーラッ(ク)(nâarák/น่ารัก)
かわいい、愛すべき

Tineタイが言った3つの語は、すベて「コン(人)」の後ろに「形容詞」がついて「〜な人」という意味になります。

【例3-2】で見てきた通りです。

またSarawatサラワットの最後のセリフ「マイ・チャイ」は、「そうではない」を意味する語です。
(「マイ」は、第3回講義で学習した、否定の「マイ(mâi/ไม่)」です)。

この「マイ・チャイ」の表現については第10回講義の中で詳しくお話しします。

タイのBLドラマ『2gether』のセリフ②「名詞+名詞」

TineタイSarawatサラワットがペアになって動画を撮っているシーンで、Sarawatサラワットが自己紹介をする際のセリフ。

Sarawatサラワットが2回答えているので、それぞれ抜き出して聞いてみます。

Sarawatのセリフ①

ドラマのセリフを引用

Sarawat:แฟนไทน์(フェーン・タイ)

出所(ที่มา):เพราะเราคู่กัน 2gether The Series Ep.5 1/4 4:59-5:01
※括弧書きは本記事の著者によるもの
Sarawatのセリフ①

フェーン・タイ
 fææn thai(Tine)

Tineタイの恋人

「フェーン」は【例5】【例6】で見た通り、「恋人」という意味の単語です。

「フェーン・タイ」で「Tineタイの恋人」という意味になります。

Sarawatのセリフ②

ドラマのセリフを引用

Sarawat:ผัวไทน์(プア・タイ)

出所(ที่มา):เพราะเราคู่กัน 2gether The Series Ep.5 1/4 5:08-5:10
※括弧書きは本記事の著者によるもの
Sarawatのセリフ②

プア・タイ
 phǔa thai(Tine)

Tineタイの夫

単語の意味

プア(phǔa/ผัว)

「プア」は「夫」という意味を持つ単語です。

「プア・タイ」で「Tineタイの夫」という意味になります。

タイのBLドラマ『2gether』のセリフ③「名詞+名詞+名詞」

Sarawatサラワットのファンが集まって情報共有のための非公開のグループを作った、という話をTineタイと友人達(Phuakプアッ(ク)OhmオームFongフォン(グ))がしているシーン。

ここではグループ名に注目してみます。

ドラマのセリフを引用

Ohm:ทีมเมียสารวัตร(ティーム・ミア・サーラワット)

(Phuak/Fong):ทีมเมียสารวัตร(ティーム・ミア・サーラワット)

出所(ที่มา):เพราะเราคู่กัน 2gether The Series Ep.1 3/4 0:59-1:03
※括弧書きは本記事の著者によるもの
Sarawatのファンが作ったグループ名

ティーム・ミア・サーラワット
 thiim mia sǎarawát(Sarawat)

Sarawatサラワットの妻のチーム

単語の意味

ティーム(thiim/ทีม)
チーム(英語のteam)

ミア(mia/เมีย)

名詞が3つ並んでいるケースですが、後ろから修飾していき『「Sarawatサラワットの妻」のチーム』となります。

タイのBLドラマ『2gether』のセリフ④「名詞+形容詞+コン(グ)+名詞」

第4回講義『形容詞を修飾する語』の中でご紹介したセリフ②に、本講義に関連する事項がありましたので振り返って見てみましょう。

TineタイSarawatサラワットの演奏を聴いているシーン。意識が朦朧としつつもTineタイが心の中で言っているセリフです。

ドラマのセリフを引用

ถึงผมจะไม่ค่อยมีสติ แต่ก็ยังจำได้แม่นว่า นี่คือเพลงโปรดของผม มันชื่อเพลง…คู่กัน
(トゥン ポム ジャ マイ コイ ミー サティ
テー コー ジャム ダイ メン ワー
二― ク― プレーン(グ) プロー(ト) コン(グ) ポム
マン チュー プレーン(グ) … クーガン)

出所(ที่มา):เพราะเราคู่กัน 2gether The Series EP.1 1/4 19:46~20:00
※括弧書き・太字への変更は本記事の著者によるもの

ここでは本講義で学習した事項(太字部分)のみをピックアップして解説します。

Tineのセリフ【一部ピックアップ】

プレーン(グ) プロー(ト) コン(グ) ポム
  phlææŋ pròot khɔ̌ɔŋ phǒm

単語を一つずつ見ていきます。

単語意味
プレーン(グ)
phlææŋ)
เพลง
歌、曲(名詞)
プロー(ト)
pròot
โปรด
お気に入りの(形容詞)

※「◯◯(名詞)+プロー(ト)」
=お気に入りの◯◯
コン(グ)
(khɔ̌ɔŋ)
(ของ)
〜の
ポム
(phǒm)

ผม)

この4語を組み合わせると、

プレーン(グ)」「プロー(ト)」「コン(グ)」「ポム

」+「」+「お気に入りの」+「

となります。

Tineのセリフの意味

プレーン(グ) プロー(ト) コン(グ) ポム
  phlææŋ pròot khɔ̌ɔŋ phǒm

僕のお気に入りの曲

おさらい|タイ語講座第6回のポイント

タイ語講座第6回の本記事では、タイ語の名詞を修飾する方法について見てきました。

たくさん単語を挙げましたが、現時点でおさえてほしいポイントは最初にも述べた以下の2点です。

第6回講座のポイント(おさらい)

タイ語の名詞を修飾する場合は後ろから

修飾する方法は大きく分けて2通り

 単語+単語
 単語+「コン(グ)(khɔ̌ɔŋ/ของ)」+単語

個別の単語は、現時点ですべて覚える必要はありませんが、よく出てくる単語をピックアップするようにしていますので、覚えやすそうなものから(または気になる単語だけでも)少しずつ覚えていっていただくのが良いかな、と思います。

Sripasa
Sripasa
今回の講義は少し長くなってしまいましたが、お疲れさまでした。引き続き、頑張っていきましょう ฅ(๑^_^๑)ฅ

第6回はここまでです。お疲れ様でした。

第7回講義はこちらから、第5回に戻る場合はこちらからどうぞ。

【参考文献】
本講座全体の概要はこちら
独学で勉強しよう!超初心者向けタイ語講座
独学で自分のペースで学んでいける、超初心者(〜初級)向けタイ語講座【全30回+α】「タイ語を勉強したい、勉強してみたい」という方向けに、ゼロから始められる『超初心者(〜初級)向けタイ語講座』を作りました...
ご感想やご意見をお寄せください

タイ語講座をご利用いただいて、ご感想やご意見などありましたら、ぜひお問い合わせフォームよりコメントいただければ幸いです。

お問い合わせフォーム

https://sripasa.com/contact