タイ語音声

【タイ語の母音】似ている母音の音声(単語)をリスニングして比べてみよう

【タイ語の母音】音の違いと発音のコツ』の中で、タイ語の各母音の発音の仕方やコツについて、音声データをもとにお話ししました。

本記事では、著者自身が音が似ていると感じることがある(が実は別の音である)母音の組み合わせを挙げていきます。

具体的には以下の3パターンです。

  1. 日本語の「ウ」に近い音
  2. 日本語の「エ」に近い音
  3. 日本語の「オ」に近い音

単語の音声を例に挙げ比較していますので、音を実際に聞いて(聴いて)いただきながら、母音の違いを聞き比べてみてください。

再生ボタン[▶︎]を一度押すと、音声が2度流れます。

では、はじめます。

日本語の「ウ」に近い音

本記事で挙げる音の中で、この日本語の「ウ」に近い音が、音の違いが分かりやすく、一番意識しやすい音だと考えます。

タイ語の母音「u」「ɨ(ɯ)」「ə」

日本語の「ウ」に近い音としてまず挙げたいのが、「u」と「ɨ(ɯ)」です。

「u」は口をすぼめて突き出して発音する一方、「ɨ(ɯ)」は「イ(i)」の口の形で「ウ」の音を出します。

また、日本語の「ウ」に近い音として、タイ語の母音にはもう1種「ə」があります。

この音は発音が難しいのですが(発音のコツは別記事『タイ語の母音』の中で解説しています)、口を少しだけ開けて、舌は口の中のどこにもつけず「ア」とも「ウ」とも取れる音を出します。

これらの「日本語のウに近い(と著者が考える)タイ語の3つの母音」を聞いてみてください。

「u」と「ɨ(ɯ)」と「ə」の音
短母音音声
u
(อุ)
ɨ
(ɯ)
(อึ)
ə
(เออะ)

※長母音は別記事『タイ語の母音』に掲載しています。

「u」「ɨ(ɯ)」「ə」が含まれる単語

ここからは、この3種類の母音「u」「ɨ(ɯ)」「ə」に関連して、実際の単語とその音声をご紹介していきます。

母音の音を比較しやすいよう、母音以外の要素(頭子音・声調・末子音)は同じ音の組み合わせをできる限り用意しました。

母音「ウ」の音の違いに注目して聴いてみてください。

①「プン(グ)」

単語
プン(グ)
音声
phɨ̂ŋ
(phɯ̂ŋ)
ผึ้ง
:ハチ(蜂)
phûŋ
พุ่ง
:突進させる
突き刺す

②「プー(ト)」

単語
プー(ト)
音声
phɨ̂ɨt
(phɯ̂ɯt)
พืช
:植物
phûut
พูด
:話す

③「フン(グ)」

単語
フン(グ)
音声
hɨ̌ŋ
(hɯ̌ŋ)
หึง
:嫉妬する
ŋ
หุง
:(お米を)炊く

④「クーン」

単語
クーン
音声
khɨɨn
(khɯɯn)
คืน
:夜、返す
khuun
คูณ
:掛け算をする

⑤「ルー(ク)」

単語
ルー(ク)
音声
lûuk
ลูก
:子供
lə̂ək
เลิก
:終わる、やめる

⑥「トゥン(グ)」

単語
トゥン(グ)
音声
thɨ̌ŋ
(thɯ̌ŋ)
ถึง
:〜まで
thǔŋ
ถุง
:袋

⑦「ルー」

単語
ルー
音声
rɨ́ɨ
(rɯ́ɯ)
รื้อ
:取り壊す
rúu
รู้
:知る
知っている

⑧「ヌン(グ)」

単語
ヌン(グ)
音声
nɨ̂ŋ
nɯ̂ŋ
นึ่ง
:蒸す
nûŋ
นุ่ง
:履く

⑨「クッ(ク)」

単語
「クッ(ク)」
音声
khɨ́k
(khɯ́k)
คึก
:活気のある
(*1)
khúk
คุก
:監獄、刑務所
(*2)

(*1)「khɨ́k(khɯ́k)(คึก)」は、「khɨ́k-khák(คึกคัก)」でも出てきます。

単語音声
khɨ́k-khák
(khɯ́k-khák)
คึกคัก
:活気のある

(*2)「khúk(คุก)」は「cam-khúk(จำคุก)」でも出てきます。

単語音声
cam-khúk
จำคุก
:監獄に入る
投獄する

⑨「トゥー」

単語
トゥー
音声
thɨ̌ɨ
(thɯ̌ɯ)
ถึอ
:持つ、見なす
thǔu
ถู
:磨く

⑩「クーン」

単語
クーン
音声
khɨ̌ɨn
(khɯ̌ɯn)
ขืน
:逆らう
khə̌ən
เขิน
:恥ずかしがる

番外編①「クー」

ここからご紹介するのは、声調と母音が異なる単語です。

母音に加え声調も異なるためこれまでご紹介した単語よりは音の違いが明確ですが、母音と声調どちらも意識して発音しないと区別しにくくなる音です。

単語
クー
音声
khɨɨ
(khɯɯ)
คือ
:つまり
(*3)
khùu
ขู่
:脅す

(*3)「khɨɨ(khɯɯ)(คือ)」は「kɔ̂ɔ khɨɨ(kɔ̂ɔ khɯɯ)(ก็คือ)」でも出てきます。

単語音声
kɔ̂ɔ khɨɨ
(kɔ̂ɔ khɯɯ)
ก็คือ
:つまり

番外編②「クン(グ)」

単語
グン(グ)
音声
kɨ̀ŋ
kɯ̀ŋ
กึ่ง
:半分の
ŋ
กุ้ง
:エビ


日本語の「エ」に近い音

続いて、日本語の「エ」に近い音を見ていきます。

タイ語の母音「e」と「æ」

日本語の「エ」に近い音として、タイ語には「e」と「æ(ɛ)」、2通りの母音があります。

「e」と「æ」の音
短母音音声
e
(เอะ)
æ(ɛ)
(แอะ)

「e」の口のまま、その口を上下にもっと大きく開けて音を出すと、「æ」の音になります。

詳しくは『タイ語の母音の発音のコツ』をご確認ください。

「e」と「æ」が含まれる単語

この2種類の母音「e」と「æ」に関連して、実際の単語とその音声を一例としてご紹介します。

先ほど見てきた日本語の「ウ」に近い音と同様、ここでも母音以外の要素(頭子音・声調・末子音)は同じ音の組み合わせを用意しましたが、存在している単語自体の数は少ないです。
(つまり、頭子音・声調・末子音の組み合わせは同じで、母音だけが「e」と「æ」で異なる単語の組み合わせは限られるということです)

母音「エ」の音の違いに注目して聴いてみてください。

①「レン」

単語
レン
音声
lên
เล่น
:遊ぶ
(スポーツを)する
(楽器を)演奏する
læ̂n
(lɛ̂n)
แล่น
:(車・船が)走る

②「レー(ク)」

単語
レー(ク)
音声
lêek
เลข
:数字
læ̂æk
(lɛ̂ɛk)
แลก
:交換する

③「べン(グ)」

単語
べン(グ)
音声
bèŋ
เบ่ง
:力む
大きくする
bæ̀ŋ
(bɛ̀ŋ)
แบ่ง
:分ける
分配する

④「べーン」

単語
べーン
音声
been
เบน
:方向を転ずる
bææn
(bɛɛn)
แบน
:平たい
水平の

⑤「ウェー(ト)」

単語
ウェー(ト)
音声
wêet
เวท
:呪文
wæ̂æt
(wɛ̂ɛt)
แวด
:囲む


日本語の「オ」に近い音

最後に見ていくのは、日本語の「オ」に近い音です。

タイ語の母音「o」と「ɔ」

日本語の「オ」に近い音として、タイ語には「o」と「ɔ」、2通りの母音があります。

「o」は日本語の「オ」と同じ音の出し方でタイ語の「o」の音になりますが、「o」からさらに口を上下に大きく開けて発音すると「ɔ」になります。

「o」と「ɔ」の音
短母音音声
o
(โอะ)
ɔ
(เอาะ)

※長母音は別記事『タイ語の母音』に掲載しています。

「ɔ」の音を出すときは、顎が動くのを意識して口を大きく開けるようにすると分かりやすいかもしれません。

著者個人の体感ですが、「o」よりも「ɔ」のほうが使用頻度が高い(=よく出てくる)と感じています。

「o」と「ɔ」が含まれる単語

この2種類の母音「o」と「ɔ」に関連して、実際の単語とその音声を一例としてご紹介します。

頭子音・声調・末子音の組み合わせは同じで、母音だけが「o」と「ɔ」で異なる単語の組み合わせはそこまで多くありませんが、ここでも母音の音の違いに注目して聴いてみてください。

①「コー」

コー音声
khoo
โค
:牛
khɔɔ
คอ
:首

②「ローン(グ)」

単語
ローン(グ)
音声
rooŋ
โรง
:ホール
大きな建物

※rooŋ+名詞
rɔɔŋ
รอง
:次〜、副〜
下に位置する

③「ローイ」

単語
ローイ
音声
rooi
โรย
:ふりかける
rɔɔi
รอย
:跡、傷

④「ゴーン(グ)」

単語
ゴーン(グ)
音声
kooŋ
โกง
:横領する
kɔɔŋ
กอง
:部隊、
〜局、課

⑤「モーン(グ)」

単語
モーン(グ)
音声
mooŋ
โมง
:〜時
mɔɔŋ
มอง
:見る

⑥「ソー(ト)」

単語
ソー(ト)
音声
sòot
โสด
:独身の
sɔ̀ɔt
สอด
:差し込む

本記事は以上になります。

何度も聴いて音に慣れてくださいね。



当サイト内の音声データ一覧

当サイト内に、他にも音声データを多数掲載していますので、タイ語学習等にお役立てください。

当サイト内のタイ語音声データ
No.音声データ内容
※リンクをタップ(クリック)すると、該当のページに飛びます
音声1タイ語の母音
音声2日本語「ウ」「エ」「オ」に似ているタイ語の母音
(本記事)
音声3タイ語の子音【有気音と無気音】
音声4タイ語の声調
音声5意識して発音したいタイ語の子音
音声6タイ語の末子音の発音のポイント
音声7タイ語の末子音の音声
音声8タイ語の月(1〜12月)と各曜日の言い方