初心者タイ語講座

【第16回】「~している(〜の状態にある)」と言いたい時の表現:『独学で勉強しよう!超初心者向けタイ語講座』

独学で勉強しよう!超初心者向けタイ語講座』の第16回です。

第16回講義のポイントは、タイ語で「〜している(〜の状態にある)」と言いたい時の表現です。

具体的には「ユーyùu/อยู่)」という単語を使った表現をご紹介します。

第16回講座のポイント
「〜している(〜の状態にある)」

動作を表す動詞(*)の後ろに「ユーyùu/อยู่)」を置く

(*)状態を表す動詞形容詞が使えるケースもあります(後述します)

本記事の中で詳しく解説していきます。

本記事の流れです。

第16回タイ語講座の流れ
  1. 第16回のポイント
  2. 例文4種
    【例文1】今、私はドラマを観ている
    【例文2】学生は教室で試験中だ
    【例文3】私はレストランで友人を待っている
    【例文4】今日はよく働いたので、まだ疲れている

  3. タイドラマに出てくるセリフを確認する
  4. まとめ:
    タイ語での「〜している(〜の状態にある)」の表現

例文を4種類見た後に、タイの人気BLドラマ『プロ・ラオ・クーガン/2gether The Series』に出てくるセリフ(ワンフレーズ)をご紹介します。

そして最後にもう一度、本記事のポイントをおさらいします。

※タイドラマのセリフを先にチェックしたい方は、こちらのリンクから該当部分(本記事後半)をご確認いただけます。


では、はじめます。

本講義全体の概要はこちら

独学で自分のペースで学んでいける、超初心者(〜初級)向けタイ語講座【全30回+α】

本講座をご利用される前に、本講座を作った背景注意事項をどうぞご一読ください。

タイ語講座第16回のポイント:タイ語で「~している(〜の状態にある)」と言いたい時の表現

第16回講座のポイント

本講義のテーマは「~している(〜の状態にある)」と言いたい時の表現です。

第16回講座のポイント
「〜している、〜の状態にある」

動作を表す動詞(*)(+目的語)+ユーyùu/อยู่

動作の持続や、ある時点での状態を表す

(*)「動作を表す動詞」の他にも、「ある時点での状態であること」を示す言葉を添えることで、「状態を表す動詞」や「形容詞」でも使えることがあります。

動詞(形容詞も場合によっては可能)の後ろに「ユーyùu/อยู่)」がつくことで、その動詞の動作が続いていること、または動詞(形容詞)の状態があるどこかの時点で」その状態にあることを表す表現です。

ポイントは語順です。

この意味で用いる「ユーyùu/อยู่)」は、動詞の後ろに来ます。

目的語がある場合は、動詞と「ユーyùu/อยู่)」の間に置きます。

また、場所を表す「〜で」という表現は、「ユーyùu/อยู่)」の後ろに置きます。

「まだ〜である、まだ〜している」の言い方

この「ユーyùu/อยู่)」の表現は、「まだ」を意味する「ヤン(グ)yaŋ/ยัง)」を動詞の前につけて、「まだ〜である、まだ〜している」という意味で用いることができます。

「まだ〜である、まだ〜している」

ヤン(グ)yaŋ/ยัง)+動詞形容詞)(*)(+目的語)+ユーyùu/อยู่

(*)この場合は、「いずれその状態が終わることが予想される」意味合いを含むため、「動作を表す動詞」のみならず、「状態を表す動詞」や「形容詞」も使うことができます。

参照:『タイ語の基礎』p186

単語「ユー(อยู่)」についての補足

ユーyùu/อยู่)」という単語には、いくつかの意味があります。

その一つが、動詞「〜にいる(ある)」です。

過去の講義回でも、第10回講義第13回講義でご紹介したドラマのセリフに登場しました。

【参考】ユー(yùu/อยู่)の意味
ユー(yùu/อยู่)の意味
いる、ある
住む、暮らす
〜している、の状態にある

ここでは、③の「〜している(〜の状態にある)」という意味を見ていきます。

これらのポイントについて、例文を見ながら確認していきましょう。

補足

タイ語で「〜している(進行形)」を表す表現として、今回ご紹介する「ユーyùu/อยู่)」の他に

ガムラン(グ)kamlaŋ/กำลัง)+動詞(+目的語)
ガムラン(グ)kamlaŋ/กำลัง)+動詞(+目的語)+ユーyùu/อยู่

があります。

この3つの表現は入れ替えて使用することが可能なケースが多いです。

説明をわかりやすくするため、今回は「ユーyùu/อยู่)」を使った表現に絞ってご紹介していきます。



例文から見る、タイ語で「〜している(〜の状態にある)」という表現

【例文1】今、私はドラマを観ている

最初にご紹介する例文は、「今、私はドラマを観ている」という文章です。

【例文①】

今、私はドラマを観ている

トーンニー チャン ドゥー ラコーン ユー
tɔɔn-níi chán duu lakhɔɔn yùu
ตอนนี้ ฉัน ดู ละคร อยู่

語順がポイントなので、主要部分を抜き出してみます。

主語
(チャン/私)

動詞
(ドゥー)
(見(観)る)

目的語
(ラコーン)
(ドラマ)

ユー
〜している
【状態】

「見る」という動詞「ドゥー」の後ろに目的語、その後ろに「〜している」という状態を表す「ユー」が来ています。

文頭の「トーンニー」は「今」という意味の語です。

例文に出てくる単語
単語意味
トーンニー
(tɔɔn-níi)
(ตอนนี้)
ドゥー
(duu)
ดู)
見る
(動詞)
ラコーン
(lakhɔɔn)
ละคร)
ドラマ

【例文2】学生は教室で試験中だ

続いての例文です。

【例文②】

学生は教室で試験中だ
(今、学生は教室で試験を受けている)

トーンニー ナッ(ク)・リアン ソー(プ) ユー ティー ホン(グ)・リアン
tɔɔn-níi nák-rian sɔ̀ɔp yùu thîi hɔ̂ŋ-rian
ตอนนี้ นักเรียน สอบ อยู่ ที่ ห้องเรียน

「教室で」を意味する「ティー ホン(グ)・リアン」という場所を表す語が出てきました。

この「場所を表す語」は、「ユーyùu/อยู่)」の後ろに来ます。

例文に出てきた単語
単語意味
ナッ(ク)・リアン
(nák-rian)
(นักเรียน)
学生
ソー(プ)
sɔ̀ɔp
(สอบ)
試験を受ける
(動詞)

※名詞「試験」の意味もある
ティー
(thîi)
(ที่)
(ここでは)場所を表す前置詞
(英語のatに相当)
ホン(グ)・リアン
(hɔ̂ŋ-rian)
(ห้องเรียน)
教室

【例文3】私はレストランで友人を待っている

3つ目の例文です。

【例文③】

私はレストランで友人を待っている

チャン ロー プーアン ユー ティー ラーン・アーハーン
chán rɔɔ phɨ̂an yùu thîi ráan ʔaahǎan
ฉัน รอ เพื่อน อยู่ ที่ ร้านอาหาร

「ロー」は「待つ」という意味の動詞、その後ろの「プーアン」は「友人」を意味する語です。

「ロー プーアン」に「ユー」がつくことで、「友人を待っている(状態にある)」という意味になります。

その後ろに場所を表す前置詞「ティー」と、「レストラン」を意味する「ラーン・アーハーン」が来て、「ティー ラーン・アーハーン」で「レストランで」となります。

例文に出てきた単語
単語意味
ロー
(rɔɔ)
(รอ)
待つ
(動詞)
プーアン
phɨ̂an
(เพื่อน)
友人
ティー
(thîi)
(ที่)
(ここでは)場所を表す前置詞
(英語のatに相当)
ラーン・アーハーン
(ráan-ʔaahǎan)
(ร้านอาหาร)
レストラン

【例文4】今日はよく働いたので、まだ疲れている

最後の例文です。

「まだ」を意味する「ヤン(グ)(yaŋ/ยัง)」を添えた、「ヤン(グ)ยัง)… ユーอยู่)」の表現です。

【例文④】

今日はよく働いた(仕事が忙しかった)ので、まだ疲れている

ワンニー タム・(ン)ガーン ナッ(ク) ルーイ ヤン(グ) ヌーアイ ユー
wanníi tham-ŋaan nàk ləəi yaŋ n ̀ɨai(nɯ̀ai)yùu
วันนี้ ทำงาน หนัก เลย ยัง เหนื่อย อยู่

ヤン(グ)yaŋ/ยัง)〜ユーyùu/อยู่」で、「まだ〜である」「まだ〜している」の意味になります。

ここでは、「疲れる」という意味の動詞「ヌーアイ/เหนื่อย」を間に入れ、「ヤン(グ) ヌーアイ ユー(yaŋ n ̀ɨai(nɯ̀ai)yùu/ยัง เหนื่อย อยู่)」で「まだ疲れている」という意味になります。

文頭の「ワンニー」は「今日」を意味する語で、それに続く「タム・(ン)ガーン/ทำงาน」は「働く」という意味の動詞です。

動詞の後ろに続く「ナッ(ク)/หนัก」には「重たい(重く)、激しく」といった意味があり、「「タム・(ン)ガーン ナッ(ク)/ทำงาน หนัก」で、「激しく働く(≒よく働く)」という意味になります。

この文章は「今日はよく働いた」と「まだ疲れている」、この2つの文章で構成されています。

2つの文章を繋ぐ接続詞が、文章の中ほどにある「ルーイ/เลย」です。

「ルーイ/เลย」は接続詞として用いられる場合、「〜ので…」という意味を持ちます。


(※第4回講義で出てきた「全然〜(ない)」という意味のルーイと同じ語ですが、用法が異なります。)

例文に出てきた単語
単語意味
ワンニー
(wanníi)
(วันนี้)
今日
タム・(ン)ガーン
tham-ŋaan
(ทำงาน)
働く
(動詞)
ナッ(ク)
(nàk)
(หนัก)
形容詞/副詞
重い・重く
きつく、激しく
ルーイ
(ləəi)
(เลย)
〜ので(接続詞)

=ก็เลย(kɔ̂ɔ ləəi/コ・ルーイ)
ヌーアイ
(n ̀ɨai(nɯ̀ai))
(เหนื่อย)
疲れる
(動詞)


動画でみる、タイ語の「〜している」の表現

ここからは、ドラマに出てくるセリフをご紹介していきます。

タイのBLドラマ『プロ・ラオ・クーガン/2gether The Series』のシーンを見ていきます。

全部で3シーンあります。

タイのBLドラマ『2gether』のセリフ①「録画中」

Sarawatサラワットの部屋にギターを借りに(取りに)来たTineタイ

その流れでギター演奏の録音を始めたTineタイ

その横でギターのチューニングを始めてしまったSarawatサラワットに対してTineタイが言ったセリフ。

ドラマのセリフの引用

กูอัดคลิปอยู่
(グー アッ(ト) クリッ(プ) ユー)

出所(ที่มา):เพราะเราคู่กัน 2gether The Series EP.3 2/4 6:00~6:01
※括弧書きは本記事の著者によるもの
Tineのセリフ

グー アッ(ト) クリッ(プ) ユー
kuu ʔàt khlíp yùu

動詞「アッ(ト)」は「録る」という意味の動詞、その後ろに続く「クリッ(プ)」は「動画」を意味します。

そしてその後ろに「ユー」が来ていることで、「動画を録る」ことをしている状態にある、という意味になります。

セリフ全体を訳してみます。

Tineのセリフの意味

グー アッ(ト) クリッ(プ) ユー
kuu ʔàt khlíp yùu

録画中だ
(俺は動画を撮っているところだ)

セリフに出てきた単語
単語意味
グー
(kuu)
(กู)


※丁寧な表現ではない
アッ(ト)
(ʔàt/อัด)
(ここでは)
記録する、書き込む
→録る

※アッ(ト)シアン(グ)
(ʔàt sǐaŋ/อัดเสียง)
:録音する
※アッ(ト)クリッ(プ)
(ʔàt khlíp/อัดคลิป)
:録画する
クリッ(プ)
(khlíp)
(คลิป)
ここでは
「動画」の意
(คลิปวิดีโอ(khlíp widiiʔoo/クリッ(プ)ウィーディーオー)と言うことも)


※アッ(ト)クリッ(プ)
(ʔàt khlíp/อัดคลิป)
:録画する
=アッ(ト)クリッ(プ)ウィーディーオー
(ʔàt khlíp-widiiʔoo/อัดคลิปวิดีโอ)

タイのBLドラマ『2gether』のセリフ②「指が痛む」

ギターの練習をしているTineタイSarawatサラワットが自分のギターを貸してあげるシーンで、SarawatサラワットTineタイにかけた一言(とTineタイの返事)。

ドラマのセリフの引用

Sarawat:
เจ็บนิ้วอยู่ปะ
(チェッ(プ) ニウ ユー パ)

Tine:
ไม่นะ
(マイ ナ)

出所(ที่มา):เพราะเราคู่กัน 2gether The Series EP.2 3/4 2:38-2:41
※括弧書きは本記事の著者によるもの
Sarawatのセリフ

チェッ(プ) ニウ ユー パ
cèp níu yùu pà

「チェッ(プ)」は「痛む」という意味の動詞で、後ろに痛む箇所の名詞が続きます。

今回は「指」を意味する「ニウ」が来ており、「チェッ(プ) ニウ」で「指が痛む」となり、この後ろに「ユー」が来ることで「チェッ(プ) ニウ ユー」で「指が痛む(状態である)」という意味になります。

文末の「パ」は疑問文を作る語です。

厳密には「ルー・プラーオ(rɨ̌ɨ plàao/หรือเปล่า)」なのですが、話し言葉ではそれが短縮されることが多く、いくつかある短縮形の中の一つです。

(こちらは、別の講義回で詳しくお話しします)

Sarawatサラワットのセリフをまとめてみます。

Sarawatのセリフの意味

チェッ(プ) ニウ ユー パ
cèp níu yùu pà

指が痛む?
(まだ指が痛む状態なのか?)

それに対するTineタイの返事です。

Tineのセリフと意味

マイ ナ
mâi ná

大丈夫(だよ)
(いや、(痛くないよ))

 「マイ」はこれまでにも何度か登場している否定の「マイ(mâi/ไม่)」です。

その後ろに「ナ」が来ることで、「いや、(痛くない)」という返事を柔らかく伝える表現になっています。

セリフに出てきた単語
単語意味
チェッ(プ)
(cèp)
(เจ็บ)
痛む(動詞)
主に「外傷」に用いる
痛む箇所の名詞が後ろに来る


※この語には「痛い(形容詞)」の意味もある
ニウ
(níu/นิ้ว)

(pà)
(ปะ)
疑問文を作る語
(ルー・プラーオ(rɨ̌ɨ plàao/หรือเปล่า)の短縮形の一つ)

※別の講義回でお話しします

(ná)
(นะ)
相手に同意を求めるや強調したい時などに使われる、親密で柔らかい表現
日本語の「~ね、~よ」に相当

タイのBLドラマ『2gether』のセリフ③「待っている」

Sarawatサラワットの部屋にSarawatサラワットのお母さんと弟(Phukongプーゴーン)が来て、Tineタイと4人で話すシーンでのお母さんの一言。

第15回講義の中でご紹介したセリフに、この使い方をする「ユーyùu/อยู่)」が出てきていました。

今回はそちらを見ていきます。

ドラマのセリフの引用(再掲)

แม่ต้องรีบไปล่ะ พ่อรออยู่
(メー トン(グ)リープ パイ ラ ポー ロー ユー)

出所(ที่มา):เพราะเราคู่กัน 2gether The Series EP.4 2/4 1:37~1:39
※括弧書きは本記事の著者によるもの

お母さんが話した二つの文章のうちの、後半部分です。

(セリフの前半部分は、こちらからご確認いただけます)

お母さんのセリフ【後半】

ポー ロー ユー
phɔ̂ɔ rɔɔ yùu

「ポー」は「父親」の意、それに続く「ロー」は「待つ」という意味の動詞です。

その後ろに「ユー」が来ており、「ロー・ユー」で「待っている(状態にある)」となります。

お母さんのセリフ【後半】の意味

ポー ロー ユー
phɔ̂ɔ rɔɔ yùu

お父さんが待っている

これを踏まえ、お母さんのセリフ全体を訳すと以下のようになります。

お母さんのセリフ全体の意味

メー トン(グ)リープ パイ ラ ポー ロー ユー
mæ̂æ tɔ̂ŋ rîip pai lâ phɔ̂ɔ rɔɔ yùu

お母さんは急いで行かなくちゃ、お父さんが待っているのよ

セリフに出てきた単語
単語意味
ポー
(phɔ̂ɔ)

พ่อ)
父親
ロー
(rɔɔ/รอ)
待つ
(動詞)


おさらい|タイ語講座第16回のポイント

タイ語講座第16回の本記事では、タイ語で「〜している(〜の状態にある)」と言いたい時の表現について説明しました。

第16回講座のポイント(おさらい)
「〜している、〜の状態にある」

動作を表す動詞(*)(+目的語)+ユーyùu/อยู่

(*)「ある時点での状態であること」を示すことで「状態を表す動詞」や「形容詞」が使えるケースもある。

ポイント
  • ユーyùu/อยู่)」は動詞の後ろ
  • 目的語は「ユーyùu/อยู่)」と動詞の間
  • 場所を表す「〜で」は、「ユーyùu/อยู่)」の後ろ

第16回はここまでです。お疲れ様でした。

第17回へ進む場合はこちらから、第15回に戻る場合はこちらからどうぞ。

【参考文献】
本講座全体の概要はこちら
独学で勉強しよう!超初心者向けタイ語講座
独学で自分のペースで学んでいける、超初心者(〜初級)向けタイ語講座【全30回+α】「タイ語を勉強したい、勉強してみたい」という方向けに、ゼロから始められる『超初心者(〜初級)向けタイ語講座』を作りました...
ご感想やご意見をお寄せください

タイ語講座をご利用いただいて、ご感想やご意見などありましたら、ぜひお問い合わせフォームよりコメントいただければ幸いです。

お問い合わせフォーム

https://sripasa.com/contact