語源(インド系言語)

「正しい・終わる」を意味するタイ語単語「ยุติ(ユッティ)」の語源【パーリ語】

本記事では、タイ語で「正しい・終わる」を意味する単語「ยุติ(yúttì/ユッティ)」の語源を見ていきます。

タイ語「ยุติ(yúttì)」
タイ語
ยุติ
説明
単語
(読み)
ยุติ
(yúttì/ユッティ)

※カタカナは参考
意味①ยุติ-:
相応する、正しい

ยุติธรรม(yútti-tham)
:公平な、公正な、公平、正義


②ยุติ:
終わる、終わった、終了する、完結する、決定する
品詞修飾語
動詞
原語パーリ語

タイ語「ยุติ(yúttì/ユッティ)」はパーリ語から来ています。

詳しく見ていきます。

タイ語「ยุติ(yúttì)」の語源

タイ語「ยุติユッティ(yúttì)」の語源は、「相応・正当」などの意味を持つパーリ語yutti(ユッティ)」です。

【語源】パーリ語

パーリ語
yutti
説明
単語yutti

動詞yuñjati(√yuj)より
(後述します)
タイ文字
表記
ยุตฺติ
意味結合
適合
相応
正当
工夫
実践、など
品詞女性名詞

【参考】サンスクリット語

サンスクリット語
युक्ति
(yukti)
説明
単語
(デーヴァナーガリー文字)
युक्ति
単語
(読み)
yukti
(ユゥクティ)

動詞√yujより
(後述します)
タイ文字
表記
ยุกฺติ
意味合同
連結
結合
適用
相当
適当
正当、など
品詞女性名詞
補足事項

※こちらでご紹介するサンスクリット語・パーリ語の訳語は、数多くある訳語の中から、タイ語の意味に照らし語源として説明がつく(と思われる)訳語を当サイト著者の独断で選んでおり、恣意的な要素が含まれますことを予めご了承ください。



タイ語「ยุติ(ユッティ)」の持つ「終わる・終わった」という意味はどこから来たのか?

タイ語「ยุติユッティ(yúttì)」の語源は、「相応・正当」などの意味を持つパーリ語yutti(ユッティ)」であることを見てきました。

ここで気になるのが、タイ語「ยุติユッティ」の持つ「終わる終了する完結する)」という意味です。

語源となったパーリ語「yutti(ユッティ)」の意味を見ても「結合、適合、相応、正当」とあり、関連するサンスクリット語「yukti(ユクティ)」の意味を含めても、「終わる」という意味の語が見当たりません。

では、タイ語「ยุติユッティ」の持つ「終わる」という意味はどこから来たのでしょうか?

この件に関して調べてみたところ、パーリ語についてのこちらのサイト(*)に大変興味深い考察が載っていました。

一部を要約してご紹介すると(以下青字部分)、タイ語「ยุติユッティ(yúttì)」が「終わる(終了する・完結する)」という意味で用いられるようになった理由として、ある事柄が遂行された結果「適切な(相応しい)」状態になり、満足のいく状況になった時、それ以上何も行う必要がなくなる、それはすなわち「終わる」ということであり、そこからタイ語の「終わる」という意味につながったのではないか、とのこと。

このように考えていくと、パーリ語の持つ「相応」の意味が、タイ語に入った際に「終わる」の意味につながっていったことも理解でき、この考察内容は個人的に非常に納得感がありました。

(*)http://dhamma.serichon.us/2017/01/14/ยุติธรรม-อ่านว่า-ยุด-ติ-ท/(タイ語)



【考察】タイ語「ยุติ」の語末「ติ(ti)」の元々の役割

ここからは、タイ語「ยุติユッティ(yúttì)」末尾の子音字「ต[t]」と、それについている母音符号「ิ[i]」に関連して、「ติti]」の元々の役割をサンスクリット側の語「yukti(युक्ति ユゥクティ)」をベースに掘り下げて見ていきます。

【ポイント】

yuktiयुक्ति)の「tiति)」は動作名詞(女性名詞)を作る接尾辞

過去受動分詞(*)の形(語末のta(त)を除いたもの)+「ti(ति)」
 =動作名詞「〜こと」

(*)過去(受動)分詞についてはこちらで説明しています

サンスクリット語「yukti(ユクティ)」を分解

動詞(語根)√yuj
(ユゥジ/ युज्)
:使用する
接合する
相応する
適する
正しい、など

過去(受動)分詞:yukta
(ユゥクタ/युक्त)
:つながれた
適した
ふさわしい
正しい


過去分詞(厳密には「過去受動分詞」)は
動詞の語根に「ta(タ/)」を
添えて作られる(*)。

(*)「ta(タ/त)」以外では、na(ナ/न)のこともある。

動作名詞:yukti
(ユゥクティ/युक्ति)
:結合
適用
相当
適当、など

より分かりやすいためサンスクリット側の語を用いて説明しましたが、パーリ語でも同様接尾辞ti」は動作名詞を作ります。

今回見てきた単語「ยุติユッティ(yúttì)」同様、タイ語で単語の語末が「ติ」になっているものは、この動作名詞を作る「ti(ति)」から来ているものが一定数ある(*)と推察されます。

(*)“タイ語の単語のうち、語末が「ติ」になっているもの全てが、この動作名詞を作る「ti(ति)」に由来している” という可能性もありますが、現時点では確認できていないため「一定数ある」という説明に留めております。

本記事執筆時点で確認できているものは、以下の表の通りです。

【タイ語単語】

語末「ติ」
=動作名詞を作る「ti」
語源
ชาติ[châatti
(サンスクリット/パーリ語)
ติ[mámati
(サンスクリット/パーリ語)
ญัตติ[yátñatti
(パーリ語)
ญาติ[yâatñāti
(パーリ語)
ติ[sasati
(パーリ語)
ยุติ [yút]yutti
(パーリ語)
เกียรติ [kìat]kīrti
(サンスクリット語)
สันติ [sǎn]santi
(パーリ語)
※各単語の語源については、クリックいただくと詳細を確認できます


【まとめ】タイ語で「正しい、終わる」を意味する「ยุติ(ユッティ)」の語源

本記事では、タイ語でで「正しい・終わる」といった意味を持つ単語「ยุติ(yúttì/ユッティ)」の語源について見てきました。

まとめます。

「ยุติ(yúttì)」の語源

タイ語「ยุติユッティ(yúttì):正しい、終わる」の語源

パーリ語
「yutti(ユッティ):相応、正当など」

本記事は以上になります。

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

語源を当ブログに掲載しているタイ語単語

タイ語の他の単語の語源もご紹介しています。

ぜひ他の記事もあわせてご覧ください。

「語源」についての記事の格納場所(当ブログ内)

知りたい単語をサイト内で検索
参考文献/อ้างอิง